上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



放送されましたねー。
待ってましたよー。
このところ外出が続いて結構疲れがたまっていたせいか、子どもの応援に行った当日も疲労の極致で夕飯作るのがやっと。(作るだけえらい・・と自分を褒めておこう)
ビールも1杯でごちそうさまでした(どんだけ~)
そして、放送開始までひとまず寝て・・と。
だって、今夜は長丁場ですからね♪
昨夜は完全にテンペスト鑑賞中心に動いていました。
最初のインタビューとかが長くて一瞬寝ちゃいそうになりましたよ(笑)あぶないあぶない

そして・・
待ちに待った舞台の始まりはじまり~♪

あの劇場空間で流れていた幕間の音楽が当時を思い出させます。
一気に赤坂ACTシアターに戻った気がしましたよ。
TV真正面のソファーにふわふわクッションを置いてドッシリと座り・・「第一幕」の文字。
胸がわくわくするというのはこの事だなーって思いました。

時々客席が映ると、この辺りに座ってたかなーとか思ったりして・・(笑)

TVで見ると、細かい表情が見れて面白いですね。
劇場では双眼鏡使って福士くんをよく見ていたし、身体全体で表現するのでその点はそれほど違いは無かったのですが、仲間さんはいろいろな表情をされていたのがTV観てよくわかりました。

上演中話題になった生瀬さんの時事ネタや事業仕分けの所がカットされていたのは残念ですねー。
時事ネタは仕方ないとしても、事業仕分けがカットされた意味は何だったのかな???

ちょっと印象に残った事を一つ。
あの鳳凰木(だっけ?)、ラストでステージいっぱいに広がってオレンジの花を付けたあの木。
それを舞台下辺りから見上げた感じの映像があったのです。
まだ花が咲いてないシーンだったけど、客席ではなかなか見れない角度で、これは素敵だなって思いました。

まだまだ余韻は続きそうです。。。
スポンサーサイト
 2011_06_26



テンペストの大阪公演が5日(土)から始まりましたねー。
もぉ~~~、大阪方面が気になって仕方ありません(><。)

福士くんは元気にやってるのかしら?(オマエは家族か?)
お客さんはたくさん入っているかしら?(オマエは関係者か?)

連絡によると・・
どうやら大阪弁も交えつつ、盛り上がっているとか・・。
つい、観た方の感想が気になって、ブログを検索してみました。

そしたら、福士くんのアドリブシーンの事が書いてありました。

<以下ネタバレです>

行方不明になった真鶴を探すシーン。
このシーンは東京公演期間でも、途中からアドリブが入ったんですよねー。
退場する時に「お役人を探しています?孫寧温といいます・・」って野太い声で言いながら去って行ったのよねー。このシーン、男と女の部分のメリハリが絶妙で面白かった―!
大阪では、琉球言葉でわからんだの知らんだの言う村人に対してキレるところで
「わからんのかー、ぼけ、かす・・あ、ちがうの、大阪だからやってみたの・・」と言ったとか・・。

<以上ネタバレでした>

ひえぇぇぇぇぇ
目に浮かぶ~~~

聞いてみたいぃぃぃ

悶絶してしまった

結構固く大阪公演行かないって決意していたのに、これ知って、一瞬でひゅるひゅるひゅると緩んでしまいました。

いえ、行かないけど。
うん…行かないつもり。。
たぶん…行かないと思う。。
うぐぐぐ…行かない。。

誰か私を押さえて~~~

明日は有悟さんに会えるからいいけど、そのあとが見つからない(><。)
せめて早く次の作品とか発表があればなぁ~

大阪公演行かれた皆さま~!大阪での福士くんの様子、お聞かせくださいまし~。
 2011_03_06



私のテンペストは終わっちゃいましたー。
面白い舞台でしたねー。
結果、当初の予定よりも数回多く通ってしまいました。

原作のあの長くて壮大なストーリーの舞台化。
最初は原作とあまりにもかけ離れている内容に衝撃だったのだけど、成功する最善の事を堤監督はじめカンパニーの皆さんが一丸となって行ったのだろうなーと、今日の千秋楽を観てそう思いました。
昨日も今日も堤監督がずっと一番後方から舞台を見守っていて、お見かけする度に何か言葉をかけたいな・・と思うんだけど、小心者の私はデキマヘンでした。

福士くんは前楽も楽も気合が入っていたのかメイクが濃かったです(爆)
特に楽日!(笑)ノーズシャドウがそのままアイシャドウ化してました
まっ・・いいか
メイクはともかく、
福士くん演じる嗣勇の凛とした姿や身のこなしが本当に印象的。
最初はそのおネエ的話し方に気を取られてしまいがちだけど、できれば、これから観る方には歩き方や立ち姿、動き方も注意して観てもらいたいなって思います。自然に演じているから気付かないかもしれないけど、男性があれだけしなやかに演技し続けるのってスゴイと思います。
そして、兄としての琉球王朝への思いの怪しげな表情。見逃さないでくださいね。2幕の嗣勇は必見です
あ!ムチは1幕目です(爆)
きっと大阪行ったらムチの悶絶度はアップしちゃうんだろうなぁ?(笑)

と、なんだかずらずらずら?と書いてしまいましたが、
とにかくね、今回のテンペストを観て、福士くんがものすごいスピードで実力をグングン付けているのが目に見えて、私は感動してしまいました。
次の作品が待ち遠しいです。。。

と思っているところへ、今日の月9だ?
今日の福士ファンは忙しいぞ?!

千秋楽観劇後、お馴染みのよっしいさんと居酒屋さんでかんぱ?い
月9までには帰ろうか・・と話していたのに、気付いたらすでに8時40分(笑)
そのまま居酒屋さんのテーブルにワンセグを置いて二人で視聴しました。
いやいやいや????
9時15分過ぎ、そして、9時40分過ぎ、その居酒屋に、きゃーきゃー言う悲鳴が聞こえたのは言うまでもない(爆)
お店のお兄さん♪知ってか知らぬか、半個室な空間に私たちを案内してくれてありがとう。
テンペストに月9に、思う存分、盛り上がれました

そんな月9の感想は、また今度・・。

福士くん、大阪公演もがんばってねーーー
陰ながら応援しておりますm(_ _)m
 2011_03_01



テンペスト、いよいよラストスパート!
日曜月曜は、赤坂で←これくらい燃えてきます
ほんとは、千穐楽だけの予定だったんだけど、少し前、ためしにチケットスペースに電話してみたら、ちょうど良い席にキャンセルが出ていて思わず「買います!」とオペレーターの人に言っちゃった

福士くんのおネエ度も、自分で笑っちゃうくらい加速しているみたいだし、
悔いのないように、赤坂で楽しんできます

 2011_02_26



言い訳はすまい。
そうだ、今日も行って来たぞ、テンペスト。

だって?友達が行きたいっていうんだも―――ん
(言い訳はしないって言ったじゃん)


今回は双眼鏡持参で行ってきました。
嗣勇のメイクをアップで見たくって・・・。

たぶん、出演者のみなさん自分でメイクすると思うんですけど、男性は大変ですよね、し慣れてないから。
ちなみに、仲間さん、キレイにメイクされてます?。美形が引き立つ引き立つ
そこで気になるのはやっぱり゛嗣勇的おねえメイク"

いやいや??。
なかなか??でしたよ。
ノーズシャドウも程よく入っていて、アイシャドウもアイラインもきれいでした。
注目は眉毛。そうです、あのタモリさんからテレフォンショッキングで突っ込んでもらった、けん玉協会認定眉毛(笑)
形が違うように見えるんです。
きっと、眉をつぶしてほどほどの細めに書いているんじゃないかと思うんですが・・残念ながらそこまではっきりとは確認できなかった
パンフレットのあの妖艶な姿での眉毛は、写真なのでさすがにつぶしてはいないようですけど、少し、色が薄いというか…量が薄いというか…そんな感じになっていますよね。でもそれでも、女性の姿としてとてもキレイですけど?。
やっぱり、福士くんってあの眉毛のりりしさは男性的なんだなーって、しみじみ思いました。

さてさて、3度目のテンペスト。
(以下ネタバレあります)
実は毎回気になっていたのが、第1場での真鶴から寧温へ早替えするシーン。
過去2回とも失敗していて、いつもどこか着物がまだ残っていたりと不完全に終わっていたのだけど、今日初めて成功したのを見ました。決まるとキレイですねー。一緒に行った友人たちが、「すごかったよねー、あれどうやったの?」と驚いていました。
成功して良かった良かった♪

お楽しみの生瀬さんの時事ネタは…
都知事選出馬ネタと、お決まりの『春場所中止』、もう一つあったっけな?
毎回本当に笑わせてくれますよねー。

朝薫役のヤスケンこと安田顕さんも、笑わせてくれます。
キャラ設定が原作とかけ離れているせいか、どうしても斜めから観てしまいがちなんですけど、あの弱腰の腰の引け具合がどーにも笑えます。ていうか、印象的過ぎる(爆)
朝薫って、原作では密かに寧音に思いを寄せるんですよね・・そして寧温の事をライバル視せずに同志として尊敬し合う仲だったんだけど、この舞台では真鶴と雅博殿とのラブロマンスを引き立たせるためにも設定を変える他なかったのかもしれませんねー。
でもそれはそれで、完成された朝薫で、素晴らしいな?って思っちゃいます。

雅博殿なのですが、今日もちょっとハプニングがあって、セリフのろれつがまわらなくて「もう一回!」って言って、わざわざ元の場所にまで戻って最初からそのセリフを言い始めるというシーンがありました。
口が回らなくて言い直すというのはよくあると思うんだけど、わざわざ立ち位置を引き返してまで言うというのが珍しくてちょっと笑えちゃいました。
しかし・・・雅博殿の殺陣は素敵ですねー。特に三重城で清の人たちと戦うシーン。ファンではなくてもほれボレしますわ。

そして・・双眼鏡越しの嗣勇兄さん(姉さん)
ずっと双眼鏡を覗いているというのは福士くんの全体の姿も観れないしで、所々だけ覗いていたのですが、一番夢中になって覗いちゃったのは、やっぱり・・・ムチのシーン。
目を見開いて痛み悶えるシーンは、アップで見ると余計にドキドキしちゃいますねー見応えがありました。
特に「いたぁ??い」のセリフが好き(笑)
それと、あごむしられ(側室)になって迷う真鶴に『真鶴』と一喝する嗣勇兄さんも、そのあと姉さんに変身する嗣勇も好き。
それと、ラスト間近の首に刃のシーン。
鬼気迫る表情を観れて良かった?。かっこ良かったす。

まぁ・・何を見ても結局、かっこいいんですけどね
観る度に、少しアドリブも増えているよーな気が・・。
次が楽しみです
 2011_02_19



2011021817290000.jpg今日、所用で友人宅へお邪魔したら、テンペストの写真が載っている新聞記事を出してきてくれた。
「舞台の写真が新聞に載ってたよ」と最初聞いた時、
きっと
仲間&生瀬とか?
仲間&山本とか?
そんな写真だろうと思っていた。
そしたら、見たらびっくり!この写真だった。
ど真ん中で手を上げてかっこよくポーズをとっているのは福士くんだ
記事は゛仲間由紀恵、はまり役゛という内容のもの。
記事と写真がある意味リンクしてない。
確か、公式サイトのギャラリーにも似たような写真があって、あの時は豆粒福士にちょっと落ち込んだけど今回は違う。
いいのよ?いいのよ?。記事に福士のふの字も載ってなくったって?、新聞に掲載された写真のど真ん中は福士くんですから?
そして、ご機嫌にこの記事をお持ち帰りさせていただきました。

写真は13×20cm
かなり大きいですよ?
記事掲載は、16日読売新聞夕刊です♪
 2011_02_18



P1010039.jpg今日は2度目のテンペストへ行ってきました。
私にとってはテンペスト初マチネ♪学生さんがたくさん観覧に来ていました。
いいなー学校の行事でテンペスト観れちゃうんでしょう?自分の学生の時なんか、芸術鑑賞と言ったら能とか狂言だったわよ(爆)あ、いけね。年がバレる
たぶん引率の先生だと思うんだけど、生徒たちの中で楽しそうにしてた(笑)
そうだよなー、楽しいよなー。山本耕史くんが生で観れちゃうんだもんねー。主演が仲間由紀恵だし。生瀬に西岡の徳馬さまですよ?、話題に事欠かないでしょう。でも先生!忘れちゃいけないのが、オネエ入っている福士くんよ?覚えておいてくださいねー。
な?んて事を思いつつ休憩時間に学生たち付近を歩いていたら「やっぱヤスケンすげー」という声が聞こえてきた。
若い子たちにはヤスケンのあのキャラがウケるらしい・・。(だろうな・・)

さて、2度目のテンペスト。
(以下、ネタバレあります)
初日は原作とのギャップにただ動揺するばかりだったせいか、今回は思った以上に物語に入り込めました。
クライマックス、寧温が真鶴だとバラされるシーンはちょっとぐっときたかな。
後方から鼻をすする音が聞こえて来て、泣く人もいるんだなーと・・思ったりもして。
それでもやっぱり、この舞台は物語を追うのが精一杯で登場人物に感情移入はし辛い感じ。
エンタメ性と、豪華な役者の演技を楽しむ舞台なのだなと改めて思います。
それが良い悪いはわかりませんが、観た人が楽しめればそれで良いわけで、一緒に観に行ってくれた友人たちは皆『楽しかった』と言っているので、誘ったものとしてはOKってコトなのかな?

仲間さんはさすが沖縄の人。紅型や琉球絣など沖縄の衣装が良く似合う。そして琉舞がお上手です。
女性と男性の二役を演じているわけですが、声色や歩き方などで違いを表現していて上手いです。
あとね、全然関係ないのですが、仲間さんのカーテンコールの上手下手中央への振り方が堂々としていて品があって・・ここもいいわ?。と同時に、明治座で福士くんが座長として楽日に一度だけのカーテンコールやった時のぎこちない手の振りが思い出されたけど(笑)

山本くんは・・ファンにとっては見所満載な舞台ですよねー。
殺陣はあるわ、歌はあるわ、衣装がかっこいいわ、コメディ要素もあるわ、ラブロマンスもあるわ、なんてったって、しまいには真水の放水ですからね(笑)
ファンはたまらんでしょう?。気持ちが妙にわかる(笑)
あ、そうそう!
今日は最初の道場のシーンで殺陣を失敗して木刀を落としてしまい、「失敗したー!」と苦笑いでアドリブ入れて笑いを誘ってました。
私も思わずワハハ・・と笑ってしまった。
舞台はこういうちょっとしたアクシデントとかがあるから面白いですよねー。
今日は朝薫(ヤスケン)のカツラは取れなくて良かった良かった(笑)

聞得大君の時事ネタは、エジプト情勢と都知事選の出馬情報まで盛りだくさんでした(笑)
生瀬さん、毎日いろいろ考えとるんだろか?すごーーい。

そして福士くん
福士くんはオネエと兄のメリハリがアップしていて気持ちがより伝わりやすくなったような気がします。
それでも、原作を読んでいて嗣勇の背景がよく理解できてるからであって、初めて観た人はきっと嗣勇の後半のご乱心がよくわからないだろうな・・と、正直そこが残念です。せめてナレーションで嗣勇の心に少しでも触れていてくれたら・・と思うのですがね。
福士くんが頑張っているだけに、余計に残念。
でもファンとしては、福士嗣勇が初日よりもさらにパワーアップしているのがわかって、そこが嬉しかったなー。
初日の時には無かったアドリブ(?)もあったようだし。。
次が楽しみになってきました。
そして、次行く時は、双眼鏡を持って行ってメイクをしっかり見てみようかな・・と。特に目の辺りなんかね

今日はふとしたきっかけで、福士ファンの方とお知り合いになりました。
しかも、このブログをいつも読んでくださっているとか・・。
ちょっとびっくりしたけど、うれしくて、自分がそのブログ主だとつい言ってしまった
こういう事ってあるんですねー。
コメントも拍手もそうなんだけど、読んでくださっているという直の言葉も力になりますねー。
これからもがんばろう!って思いました。

今日お会いした福士ファンの方?!今日は楽しかったですありがとうございました。
お名前も聞かずに失礼いたしました?!m(_ _)m
きっと福士的行動範囲は一緒でしょうから、またどこかで見かけましたら声かけてくださいね?。お話しましょう
 2011_02_17



気付いたら、テンペストの公式サイトにギャラリーページが追加されていた
公開リハーサルのフォトのようだけど・・・
福士くんが豆粒だ!!!
いいのか??これでーーー????
もちっと大きく写すシーンとかあったでしょう????
ちょっと不機嫌になったぞ
ってゆーか、落ち込んだ・・

あ??
今日は「毎日かあさん」観て感動して帰って来たのになぁ?。

公開リハーサルのフォトだから、きっと本番の舞台写真も後日アップよね??
仕方ない、そっちに期待するか・・。


「毎日かあさん」・・・号泣でした
感想はまた後ほど・・・。


テンペスト公式サイト


 2011_02_14




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。