上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



この記事のタイトル何にしようかと迷ったけど、

自分の中で、区切りつけようと、あえて言ってみた。

さよなら サイペ


本当かどうだかわからないけど、
サイペライブは恐らく見納め・・らしい。
SKOMBに参加されていたベースの大桃さんのブログ。
http://ameblo.jp/oomomo666/entry-11616804463.html

読んでてポロポロ涙が流れたきた。
悲しいんじゃないからね、嬉しかったんだよ、大桃さんの気持ちが。
リハの様子から本番、打ち上げと、その時の様子や大桃さん視線で語られるサイペへの気持ちにとても感動した。
サイペはなんてみんなから好かれたバンドだろう~。
ブログを書いてくれた大桃さんに感謝の気持ちでいっぱいになった。
そして、私達も、サイペに出会えて本当に幸せだったとしみじみ思いました。

でも、少しずつ時間が経つにつれて、サイペライブはもしかしたらあれが最後かもしれない・・という思いが膨らんで行って・・。わかってはいるんだよね、最後はあるって。
AAAや今回の対バンとか続いていたから、どこかで「もしかしたらまたいつか・・」と変な期待をしていたのかも。
福士くんは詩音だけじゃないもんね。
撮影中のトイボックスだってあるし、年末には映画も公開されるし。
私達もいつまでもここにとどまっていないで、思い出をしっかり胸にしまって前に進まなきゃと、思ったところです。

とかいいながら、
FCイベントの時はリセットうたってケロ~♪って思ってますけどね(^^)
イヒヒ~☆

てか、どーなってんのぉ?イベント詳細!!!


スポンサーサイト
 2013_09_21



サイペに萌えた二日間を終えて、平常の生活に戻った今日、ブログに感想もアップし終わって急にさびしさが押し寄せて来たって感じ。

これは・・もしや・・福士イベント後にいつもやってくる・・

燃え尽き症候群ってやつか???

何度経験しても切ないものだわ・・。

おまけに、昨日読んだ前川くんブログの内容がとてもサイペ愛に包まれていて泣けて泣けて
いまだにすぐに突かれたら泣けそうな状態。
特に、リセットの曲に込められた思いには感動しました。

「サイケデリック・ペイン」@前川弘毅オフィシャルブログ「ヒロキング」

リセットのサビの部分が・・2度しか聞いてなくてうろ覚えのはずなのに、なんだか頭の中をリピートしている感じで・・。
そして福士くんの歌っている姿を思い浮かべると胸が詰まります。

ステージでリセットを聞いた時に思ったんだよな・・。
イントロでひとりひとりライトが当たるの。
ひとりひとりの見せ場があって、前川くんの思いが込められているのかなって感じたんです・・。
そして、前川くんのブログを読んだ時に、あの時感じた何かは、ああそれだったのかもしれないって。

前川くん、ありがとう~。

もう、サイケデリックペインは降臨してくれないのかしら?
悪魔が魁人を縛り付けてる?

この思いを大切にずっとしまっておきたい気持ちと、
またサイケデリックペインに出会いたい気持ちと入り混じってるよ(;。;)

とりあえず、この情緒不安定さは燃え尽き症候群ということにしておこう。

サイペLOVE



 2013_09_17



ライブが終わって、後方に位置していた友人が私の肩をつんつんと叩く。

私が立っている辺りに前川くんの投げたピックが落ちたはずと言うではありませんか。

詩音に見とれていた私は、前川くんがこっちに投げたなんて気付きもせず・・。

マジか!!

周辺をみんなで探しまわって、結局見つけたのはその友人。

そしてその友人、実は舞台を観に行った時も投げられたピックをゲットしている。

何という幸運の持ち主だ~

姉さん、その運、少しおくれ~☆

DSC_0005.jpg  DSC_0010.jpg

はい、証拠の写真♪
飲んでた時に撮ったからボケてま~す☆

でー、もののついでに、久々に前にその友人がゲットしたというピックの写真を探してみたら、なんと!2つあった(爆)
で、ブログで振り返ってみたら、白い方は魁人ので、黒い方が友人ゲットの準のだった。
白い魁人ピックは、そうそう、劇場で当日券を求める時に一緒に戦った魁人ファンの子がゲットしたものだ。
あ~~そんなこともあったよねー。懐かしい思い出だ~。
そして、準のこれ、日付間違えたのか、9.1ではなくて8.31+1って書いてあるのよね。
そこが可愛い(^^)

NCM_0607.jpg NCM_0611.jpg


最後の最後になりますが、
このライブを観に行くと決めてから、足の事がとっても不安で、二日間のスタンディングに果たして自分の身体が持つのだろうか?と、はっきり言って自信がありませんでした。
その日を待ちわびながら、どこか陰があったのは確か。
でも、結果的には無事終了。
当日は、万が一の事も考えて杖を忍ばせて行きましたが、使わずに終えることができました・・。
もしかしたら、これから影響が出てくるかもしれないけど、私にとっては大きな自信になりました。
これはきっと、一緒に観てくださった福士ファンの方々がいたから、不安を忘れてサイペに没頭できたんだと思うし、そして、足の事を心配して声かけてくださる福士ファンの優しさにも力付けられたのは確か。
皆さんに、この場をお借りして感謝申し上げます。
これからも、ガンガンに福士くんを応援して行こうと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m



 2013_09_17



つづき・・。

MCってどうなるんだろう~?って半分不安もあったんだけど、詩音として、時に福士くんの姿が見え隠れしながら結構笑いを取ってやってたっけ。
「魁人、お前なんでここにいるんだ?」って舞台で死んだはずの魁人に突っ込みを入れたり、
『みんなロックが教えてくれた』でお客さんとのコラボが出来ない自虐ネタとか、
今回の公演は初日と千秋楽だと言ったら、それを2Daysというんだって突っ込まれたこととか、
初日の9月14日は詩音の誕生日だったから「今日は何の日か知ってる人~!」と会場に呼びかけたら思った以上知ってる人がいなくてショック受けていたり・・。
ぷぷぷ・・。
でもね、私達詩音ファンは知っていたよ~
みんなでHappyBirthday♪歌えて嬉しかったー☆

てかさ、サイケデリックペインというと、どうしても魁人が大人気!とかいうイメージがあるけど、もちろんそうなんだけど、今回のライブは詩音もかなり声援浴びてたよねー。
もしかしたら、私の周りが詩音ファンだらけだったからかもしれないけど(詩音見るには好位置だったし)、結構「しおーーん!」という声も聞こえていたような気がする。
一度、二日目だったかな・・、「しおーーん!」って声かけたら「もっと呼んでイイよ」って言ってくれて、あれには興奮してさらに大きな声で呼んじゃったわー。
とにかく、負けてないって思った。
とか言いながら、魁人側(下手側)はファン密集率が高かったよねー。
これには、さすが・・人気者だぁ~!って思った。

「最後の曲になりました。」
「え~~~~~~!」
「これが(その声が)聞きたかった」
なんてやりとりもありながら、『A Million Secrets of Angel』はやっぱり最高。
最後の方で一瞬アカペラになるアレンジがまた聞けてシビレたな~♪
あのアレンジは舞台公演中結構あとの方になって途中から変わったのよね。初めてそのアレンジで観た時はゾクゾクッ!ってきたのを覚えてる。
あれを再現してくれて、ほんと、ありがとう~!

もちろんアンコール。
麗次作曲のインストや準こと前川くんがライブのためにと書き下ろしてくれた新曲「リセット」を初披露(当たり前^^)
これを歌う詩音がまたかっけーのです。
しかも今度はサビの部分で裏声が聞けちゃう。
これがまたしびれます。
あーーー今回のライブオンリーだなんて、そんなの勿体無さ過ぎる!!!
また聞きたい!何度でも聞きたい!
ファンの声が大きければなんとかしてくれるかしら?
どうしたら、また聞けますか????

そして、最後というのは来てしまうもの。
もう一度、ブギーメンとジーザスで「バイバイ~♪」して終了。

鳴り止まない拍手に、メンバーで再度登場。
二日目はSKOMBさんたちも全員登場したっけ。
で、手をつないで深々とお辞儀。
「みんなも横の人と手をつないでいいよー」と詩音。
いや、この言葉は詩音ではなく福士くんだ!RENTの楽日を思い出した!!
あの時も、観客キャスト全員が手をつないで「No Day But Today」って叫んだよなー。
今回はさすがに観客が手をつなぐことは無かったけど、みんなで手をあげて拍手をした。
メンバーは何度も何度もお辞儀をして応えてくれて・・、詩音と魁人はタイミングが合わないのか、詩音が魁人の顔をぶっちゃったりとか(笑)
最後の最後まで、楽しいヤツラだった。

あーー本当に楽しい時間だった。
燃え尽きました。

最初ライブをやると聞いた時、時間はどれくらいやるのだろう?持ち歌が少ないので短くなり過ぎちゃわないかしら・・と心配もしていたけど、ふたを開けてみれば、SKOMB1時間と、サイペが1時間半くらい。
素晴らしいライブだったなー。

しおーーーん、ありがとう~~~
今まで大好きだったけど、大大大大好きになりました~~~



 2013_09_17



SHIBUYA-AX、行って来たさー。
サイケデリックペインの復活ライブ♪

詩音、かっこよかった~

「ウチの魁人カッケ~!」って連呼してた詩音だけど、
そんな詩音は何倍も「カッケ~!」かったよ

前半のSKOMBさんのライブがとても良くて、ついつい盛り上がりすぎて、初日はペース配分が出来なくて詩音登場する前にエネルギー半分使ってしまったって感じ(笑)
冠さん、素敵なキャラだわ~。
ギターの岡崎さんも素敵で、2日目は中央にも来てくれてドキッ!ってしちゃった。
なんだかオーラがあるというかなんというか・・。

でもね、いざ詩音が登場すると、そりゃーもう、半端ないアドレナリン放出で全身汗だくよー。
いや、自分がね。
もちろん、詩音も汗だくだったなー。
番号は決して良くは無かったけど、汗が見えるくらい、とても身近に感じられるライブ会場だった。

そうそう。
初日、まだステージ暗い中いざ準や魁人たちが登場してきたとき、スタンドマイク持って現れたシルエット見て「しおーーーん!」と叫んだらスタッフだったという、最初からやっちまった状態(笑)わはは。
そういえば、SKOMBの時も大桃さんシルエットを冠さんと間違えて「カンムリー!」と叫び間違えたっけな(笑)

さて、サイケデリックペインライブ。
もう最高だったわ―!興奮した!楽しかった!詩音が素敵過ぎた!
もちろんメンバーのチームワークも見れて、本当に素敵なバンドって心からそう思えた。
歌だって演奏だってMCだって、SKOMBのステージングに比べたら、サイペはもしかしたら子どものようなのかもしれないけど、サイペには愛されるべき何かがあるのよねー。
詩音のキャラや歌の魅力。
魁人のツンデレ。
準の突っ込み。
麗次のいじられキャラ。
翔太の音楽センス。
何が抜けてもサイペは成り立たない。
1年経って、今回のライブで再確認できて本当にうれしかった。

そんなサイケデリックペインのボーカル詩音。
そのまずそのビジュアルにときめいた
舞台上の詩音と武道館での衣装を足して2で割ったようなイメージ。
舞台を彷彿とさせるやや長髪に茶のメッシュが入ってて、黒皮のジャケットに白Tシャツ黒パンツ。
1日目と2日目とTシャツのデザインは変わってた。
1日目は下の方に黒の英字でセイントと書いてあったらしく、2日目は中央に柄が入っていたような気がする・・。予定通りの衣装替えだったのだろうけど、SKOMB冠さんは、ライブ後家で洗濯して干しておいたら雨に濡れて乾かなかったという事情での衣装替え(笑)
まったく・・笑わせてくれます。

そして、詩音の歌声、しびれるわー。
最初の曲が『神様(ジーザス)アンタに喧嘩を売ってやる!』からの~『Psychedelic Boogie Men』
もぉぉぉぉぉぉぉ興奮したわー。
福士くんの歌は最高!そして、歌っている姿も素敵過ぎ
それを目の前で今見れていると思うと幸せの極致でしたー
そして、いつものナンバー以外の歌やこれまで歌わなかった部分を歌ってくれたりとライブならではのお得感!
特に今回パンドラ様と歌った『悪ってなあに?』は博士の部分を詩音が歌ったんだけど、これがまたセクシーこの上ない。
特に、”ねぇキミ、そこのキミ”って指さされたら、きゃーーー!たまりません。
でもって、”イクゥゥ~~!”なんて歌われたら、もぉ~~ヤバいヤバい~危うく昇天しそうになっちゃった!
『救世主の恋』Oh~ソフィ~♪の甘い歌声とじっと目を閉じながら歌う姿は鳥肌もの。全身で受け止めたつもり。
特に2日目のそれは熱がこもっていたのか前日よりも増して感動的で涙出そうになりました
あ・・。
そういえば、この歌の前に暗転中に詩音がスタンドにマイクを取り付けようとするんだけどなかなかマイクが入らないらしく、四苦八苦。「あれ?入らないな・・」「入れるのこっちからじゃなかったっけ?」「マイクが変なのか?」「誰か助けてー」てなセリフが聞こえてきそうなシルエット。結局誰かが助けに来てあっさりマイクが入っちゃうという可愛らしいハプニングがあったのよね。
あと、パンドラ様と歌う『降臨前夜~時は来たれり』で、初日”水金地火木土天海~♪”の歌い出しを思いっきり間違えて深々と頭下げてたっけ(笑)
そんなところもすべてひっくるめて、詩音LOVE

2につづく・・。



 2013_09_17



気付いたら、来週じゃない―――い、サイペのライブ♪

きゃぁ~~~

ドキドキしてきた

スタンディングに耐えうる体力の為に、じっと動かず待つか、

それとも、準備運動しながら待つか、

どっちがいいのかなー???



 2013_09_05



行って来ました、武道館。
武道館って、正方形の空間でぎゅっと3方向からステージに集まる会場の構成のせいか、広いんだけど遠すぎ感がないのがいいね。
もちろん肉眼じゃ福士くんは数センチってとこだったけど(笑)

楽しかったわー。3時間があっという間。いやいや、3時間以上あったかも。
ステージは、ゲストの人がそれぞれ持ち歌を1曲~3曲歌うというシンプルなもの。

とにかく、オープニングでこれまでの20年間に登場してくれたゲストの方々の映像がダーー!っと流れて、こんな人も・・あ、この人も出てたんだー!!みたいに気分が次第に盛り上がり、そうそう、森雪之丞さんの名前もありました。それを見ながら、ああ・・いずれはこの映像に福士くんの姿も出ることになるのかも・・と思うと感慨無量で・・こういう体験ができてあらゆるものに感謝したいくらいでした。
そして、岸谷&寺脇両名の個人芸(?)でさらに場内があったまったところで・・

最初の登場は・・確か・・三浦春馬くんだったような気がするんだけど・・違ったかな?

はい告白します。
最初に思わず叫んだのは、「福士くーん」でも「しおーーん」でもなく、「春馬ぁぁー!」でした(笑)

登場した春馬くんがそれはそれは爽やかで、オープニングですっかり気を良くしてしまって、つい(^^;
むほほほほ(^m^)
それに歌が上手い!!
来年の新感線の舞台が本当に楽しみです。

そして、オープニングから約30分ほどして、サイケデリックペインの登場。
誰がどこでどんな風に出てくるか全然わからなくて、若干サイド気味の席だったので、場つなぎのトーク中は、トークもろくに聞かずにステージ後方でスタッフがセッティングしている様子を双眼鏡でガン見。
パフュームがダラダラとトークしている時、キーボードやドラムセットが運ばれてきて、
おや?これはもしや・・バンドだな?
これはもしや・・サイケデリックペインというバンドかな?
淡い期待が湧き出ます。
すると、周りのサイペファンが、まだ暗闇のキーボードに朝陽くんのピンチヒッターの人がいる!!と言い出すではありませんか。

キタキタキタ~~~~~~~~~

いよいよサイケデリックペインが武道館デビューを迎える瞬間が迫ってきました。

もぉ、オープニングの盛り上がりなんてもんじゃない。
何も始まってないのに、スタンディングです。

場内が暗くなって・・両サイドのビジョンに流れるのは・・
「2012年の演劇界に新しい旋風を巻き起こした・・・」

キタキタキタ~~~~~~~~~
コレだぁぁぁぁぁ
キャァァァァァ

もう、興奮しててそのあとなんて書いてあったかよく覚えていないんだけど、
「その名は」
「森雪之丞一座」バーーーン!!
とあったのは覚えています。
そしてもしかしたら、
「伝説のバンド、サイケデリックペイン、ここに復活!」
みたいのもあった・・かな??・・いや、妄想入っているかも(笑)
そして、
「福士誠治」!!!
とパンフの詩音の姿がビジョンにバーーン!!と映し出されて(ああ・・感動)、
次々に紹介されるバンドメンバー。

そしてそして、ジーザスの曲と共にステージ中央に置かれた仕切りボードが開いて現れたのは、詩音や魁人や準。

ペンラ等光るものはNGだったので、ガンガンに腕振りまくりのジャンプしまくり。
おかげで動きすぎて何回か階段から落ちそうになったわ(笑)

曲は何と、ジーザスから始まり途中でブギーメンに変わるという武道館バージョン(??)
やっぱりブギーメンのノリの良さはピカイチだもんねー。
最後にバイバイ~!とジーザスで終われないのはちょっと残念だけど、でも、ガンガン!に盛り上がれたのは確か。
福士くんは右に左にたくさん動いて、最初???な観客たちを一生懸命煽っていたし、小さな出べそにも出ていってアリーナのお客さんたちと盛り上がったりもしていた。
2階席からアリーナを見ると、結構盛り上がっていたなー。それが何よりも嬉しかった。

気になる福士くんの姿は、詩音の姿ではなく、どっちかというとPV寄りの雰囲気。
黒で統一して、もちろんマイクを持つ手にはあの手袋とリストバンドはしていたと思う。
割と地味なんだけど、でもそれがとってもかっこよくって・・ビジョンに大きく写る歌っている姿観たらもぉ~惚れます(いやもうすでに惚れてるって)
あとね、髪がサラサラヘアーなの。
それも良かったなー。
爽やかさ満開
春馬の爽やかさがレモンだったら・・福士くんは・・そうね・・クールミント・・?(うわッ!自分で言ってて寒気が、爆)

家にある最高倍率の双眼鏡を持って行ったのに、いざ福士くん達が出たらそんなの見てる余裕なんて全然なくて、小さくても、しっかりと肉眼で歌う姿見つめてました。

歌い終わると「ありがとうございましたー!」とあっさりと退場のサイペ達。
あぁぁ。。急に力が抜けます。
汗を拭き拭き、次のアーティスト達を観覧。
するとトーク後に急に呼ばれるサイペメンバーたち。
焦った焦った!
ちゃんとトークの時間も用意していてくれたんですねー。
また見れて感激

本来ならばここに内田朝陽くんがいるはずなんですが・・と、福士くん。
朝陽くんの名前を言う事を任務としていた福士くんは、一通り言い終わった後、「朝陽くんの名前を言えたので、これで僕の仕事は終わりです」みたいなことを言って笑わせてました。
実際に舞台を観に来てくれていた岸谷さんが綾野剛くんに「首、振ってたねー。取れちゃうんじゃないかと思った」とか、楽しい会話。
前川くんが、「今日は皆さんと楽しみに来ましたーー!」とさすがのアーティスト的発言。
松田翔くんも「ありがとうございましたー!」と翔太を彷彿とさせる・・(?)ような挨拶(笑)
ほんとに、ちょっとの時間だったけど、みんなの声が聞けて良かったです。
ああ・・朝陽くんがいたらな・・。
ピンチヒッターを務めてくださった大塚茜さんも、ありがとうございました。
岸谷さんたちから、引率の先生って言われてましたね(笑)

はぁ。。久々のサイケデリックペイン。
そりゃぁねえ、歌手じゃないんだから、ステージングとかは他のアーティストさんに比べるとまだまだよ。
知名度も少ないし、
私の前の席の人なんて、サイペ登場でトイレ行っちゃったもんね。
だけどね、何事も始まりはあるもの。
そして、それを立派にやり遂げたサイペメンバーは堂々としていて、楽しそうで、そこが素晴らしかったぁ~~!
感動しちゃいました。
これが最後とは言わず、また機会があるごとに、サイペを復活させてほしいって思います。

AAAは初めて観覧したけれど、本当に楽しかった!
素晴らしいアーティスト達の生歌に、時に立ち上がり、時に腕を振り、時にタオルを回し、時に口づさみ、感動と興奮を味わいました。
今回でこのイベントも20回目と聞いて、これを続けている岸谷&寺脇両氏は本当に素晴らしいなと思います。

震災後、三茶の駅前に立って募金活動した福士くん達乱のメンバーの事を思い出しました。
あの時から気持ちは変わってないのですよね。
これからも、機会あるごとに、大小にかかわらず震災チャリティーは続けられたらいいですね。


関連記事
三浦春馬、佐藤健、城田優が岸谷・寺脇コンビとKARAの腰振りダンス披露!「Act Against AIDS 2012」
(福士くんの写真あり)



 2012_12_03



驚いたねー。

福士くんがブログを更新したからコメント打って確認のため見てみたら、「武道館楽しみ」とか言ってる人がいるじゃないっすかー。

え?なに?なに武道館って???

驚いた。
バンド、サイケデリックペイン復活!
11/30の武道館で行われるAct Against AIDS 2012『THE VARIETY 20』にデスト出演するってーゆーじゃないのー。
もうびっくり。

即行でチケット購入。
当日出演される方々を見れば、迷いは無かった。

でもね、実は採用となったバイト、11/30はもしかしたら勤務となるかもしれないんだよなー。
場合によっては行けないかも・・。
いやいや、まだ始まったばかり。
研修さえも始まってない。これから面接して就業日も決めるし。
当初聞いていた話とちょっと違ってきているから、落ち着いて考えてみよう~。

詳細はこちら。
Act Against AIDS 公式サイト


それともう一つ!
WOWOWで勝手に演劇大賞というのがあるそうです。
2012年1月~12月までに上演された演目の中から私たちが選んで投票するというもの。
作品賞、男優賞、女優賞、演出賞
があるらしいです。
私はこの夏を熱く燃えさせてくれたあの作品と、
その舞台で素晴らしい歌唱力とその美声で私たちを完璧魅了したあの俳優と、
素晴らしい演出で楽しませてくれたあの人に、投票したいですわー。

受賞した人は番組で表彰してくれるんですって~。
みなさんも、いかがでしょーか???

勝手に演劇大賞2012

誰でも投票できます。


■演劇ぶっく(11/9発売)
サイケデリック・ペイン舞台記事掲載
http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51835743.html




 2012_11_10




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。