上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



イノセント・ラヴのDVDのCMが、フジTVを見ているとたまに流れます。
思ったよりもお兄ちゃんのシーンが多く出てきて、
ドラマ開始当初あんなに「ゆーじん&堀北」だったのに・・と、ちょっと誇らしいぞ?

塀の中での面会シーン。
ナイフを持ってゆーじんに飛びかかるあのシーン。。
CM中、お兄ちゃんが出てくるたびに

「あ!お兄ちゃんだ」
「あ!お兄ちゃんだ」

と、何度も叫んでしまう(笑)

DVDは買わないけど(福士くんごめん)、何度でもCMは見たいわがままファン(^^;
スポンサーサイト
 2009_03_11



あの「お兄ちゃん」で有名なイノセントラヴのDVD情報が出てました^^


イノセント・ラヴ DVD-BOX

【価格】 ¥ 17,328
【発売予定日】2009年4月15日

・ディスク枚数: 6
・販売元: ポニーキャニオン
・DVD発売日: 2009/04/15
・時間: 480 分

【初回封入特典】オリジナルフォトスタンド
【封入特典】ミニ・ブックレット
【特典】スピンオフドラマ「イノセント・ラフ」(DVD特別編を含む完全版)/堀北真希・北川悠仁インタビュー/オールアップ/初回番宣番組「イノセント・ラヴ 今夜 衝撃のスタート!!」/予告集


うーーーん。。。。
買わないかも?
福士ファンとしては、特典映像に期待は持てない気がして・・・

福士くん、ごめーん。
 2009_02_24



とうとう最終回を迎えてしまった―――。

先週のお兄ちゃんの様子から、もう出番は少ないんじゃないかと思っていたら案外多くて、しかも初っ端から登場してくれて、私のイノラヴ最終回はご機嫌な雰囲気で始まった?。

嫁に行く妹の兄への「ありがとう」。
お兄ちゃんの涙がキレイだった。。。

病院でも、そっと佳音の肩を抱くのがなーーんか絵になってる。
福士くんって、絵になる人だーー。
でも、このシーン、まだ「佳音がすべて」だよね。それが伝わってくる。

池田記者との会話は胸にじーーんときた。
「何があっても生きていかなくちゃいけないんですよね」
お兄ちゃんも少し吹っ切れた様子。
きっとジュンヤの姿を見て、生きることの大切さを知ったのだと思う。

こうしてお兄ちゃんは少しずつ立ち直っていくのかな・・って思っていたら、感動的な祈りのシーン。
涙が出た。
やっぱりお兄ちゃんはお兄ちゃんだったよ。
優しい、妹思いのお兄ちゃんだった。
お兄ちゃんのこれまでの「悪さ」も許されたような気がした。
手を組んで、目をつむって祈る姿が美しかった。。。

でも一番泣けたのは、お兄ちゃんの一番最後のシーン。
雪が舞う空を見て、少しだけ・・微笑むんだよね。
もしかしたら、微笑んでいないのかもしれない。
でも私には、ほんのちょっと、目じりが優しく動いた気がしました。
ああ?これでお兄ちゃんは救われるって思ったら、涙がじわ?って出てきた。

 2008_12_24



今夜ほど、放送終了後の満ち足りた感情はありません。
お兄ちゃん、いえ福士くんはすごかった。
先週のあの予告から、お兄ちゃんは一体何をしてしまうのだろう?と、心配と期待が入り混じって今夜は放送前から妙にハイテンションでした。
何かがある
そんな予感がしていたのだと思う。

まさか・・・あの展開になるとは・・・
実はあの肝心なシーン、あまりにも予想外だったためにしかも感動的だったために号泣してしまい、セリフも表情も半分しか記憶に残っていない。。
早くお姉ちゃん帰ってこないかな・・
(実は遅く帰ってくる長女と一緒にいつも2回目を見るのだ)

お兄ちゃん、福士くん、良かったよ。最高でした。
今週である意味お兄ちゃんの役割は終わったような気がするんだけど、不満は残っていません。
それどころか、幸せな気分で満ち足りています。

あ、でも・・・来週の予告もまたすごかった。
あの予告を見て「幸せな気分」も無かろうに・・・(^^;
あ???どーなるんでしょーねー???
はたして佳音は幸せになれるのでしょうか???
(って、本当にそう思っているか?自分(爆))
それにしても・・・・若いっていいねー。あんなにすぐに佳音はジュンヤを受け入れちゃうんなんてさ?。。。

とうとう来週で最終回。
この2ヶ月間、いろいろな思いはあったけど、結果楽しかったなぁ?。
個人的には5話と今日の9話がベストだな。
イノセント・ラヴを見てくれた人は何話がベストかな?
来週の最終回も、今日みたいに気持ち良く終わってくれることを祈って・・・

福士くん!残る1話も頑張ってね(^0^)
 2008_12_15



いや??ん、やっとでてきた???おにいちゃ?ん
あ???ん池田くん、ダメダメ面会まで行ってお兄ちゃんをいじめちゃ
え????
ちょ・・・ちょっとまって
いいの?いいの??そんな展開
きゃ????おにいちゃーーーーん

と、本日本編1シーンと来週の予告でそれまでの主人公二人の恋の行方を完全振り切るほどの興奮をしてしまった私(笑)

ぜーぜーぜー
ぜーぜーぜー

来週、見たいような見たくないような・・・
でも見る―――――
絶対見る――――

あまりの興奮に喉の渇きを覚え、開けちまった

こんな感想で良いのだろうか?
 2008_12_08



とうとう行ってきた
佳音とお兄ちゃんが住んだアパート。
やっぱりアパート裏を走る電車は相鉄線だった!!
詳しい場所は言えないが、我が家からは車で10分かからない程度の近さだったとは…
しかも仕事で行く呉服屋さんのすぐ近くで、何度も近所を通っていました。
知らないとは恐ろしいものです

DSCN0328s.jpg
付近の全景です。
中央が踏切、右手がアパート、踏切左側に緑色の看板が見えていたあの建物。
この建物は小さなアパートだったんですが、看板が青系のものになっていて、あの緑系の看板は作られたものだと想像できます。
この辺りを、佳音やゆーじんが行ったり来たりしてたんですねー。
ちなみにいぢわる大家はいませんでした(笑)

DSCN0329s.jpgアパート階段部分。
結局アパートはこの階段を上ったら部屋は1つしかなかった。
大体予想はしていたけど、部屋の玄関ドアのシーンは違う場所なのかも・・。
5話でドアの前でじーっと佳音の話を聞いていたお兄ちゃん@福士くんは、ここでの撮影だったのかしら?もしかしたらセットかも。
でも!お仕事に行く時に「ガンバッテね」と階段上で佳音に声をかけられるあのシーンはここで撮影が行われたと思います。


DSCN0331s.jpg最後に踏み切りの向こう側からアパートを見た風景。
お兄ちゃんが指名手配になり、マスコミが佳音を待ち受けていた5話のシーンを思い出します。
この踏切を渡って、「もう何も思い出すな」と佳音に言い残し、お兄ちゃんが走り去っていったのは、写真向こう側から手前へと・・だと思います。

このロケ地発見までにはいろいろな人が協力してくれました。
当初、わからないまま踏切探しに付き合ってくれた旦那と息子。
相鉄沿線に住む知人からの情報を教えてくれたユンジュ姉さん。
一緒にロケ地に行ってくれたあたっくさん。
おかげさまで無事辿り着くことができました―――
ありがとうございましたm(_ _)m
今度はどこへ行きましょうか??・・って、調子乗りすぎです
 2008_12_03



何がタイトル「動き出す」やねん。
福士くん、ちいっとも動いてないやん!!
あーーーとうとう登場しない回が出てきちゃったよーー。
でも、聖花の行動が予想外に突飛で、ある意味楽しんで見ちゃいました。
ゆーじん、何年も看病したのに・・3時間おきに起きて寝返り打たせたのに・・きよかったらあっさり昴に行っちゃって・・あれはちょっとかわいそうだったなぁ?。

来週の予告にもお兄ちゃんは出てこないし・・・。
あと3回だぞー。
早く出てきて?。
じゃないと、20日の忘年会、暴れますわよ
「いつか」ロックバージョンからヘビメタバージョンにアレンジしちゃうわよ
 2008_12_01



よかったーーー。
先週の予告にも登場しなかったし、公式サイトの次回ストーリーにも名前が出てなかったので、警察に出頭したままもう出番がなくてお兄ちゃんは出てこないかと思った。
出てこなかったら見るのやめるぞーー!とも思った。
ファンだけでなく、かろうじてあのドラマをお兄ちゃん目当てに見ている人はみんな心配していたよー。
塀の中のシーンとはいえ、出てきた時はホッとしたし、
面会シーンでの「この世にはいないと思ってくれ」のセリフは切なかった
お兄ちゃん、あなたが一番孤独です
藤堂刑務官もエエ人です。
お兄ちゃんの信じられる人になってやってください。

それにしても、事件の真相が知りたくなってきます。
本当にお兄ちゃんが両親を手にかけてしまったのでしょうか?
誰かをかばう?佳音??
でも当時小学生の佳音が大人に切りつけるなんてできないと思うし。
本当に全くわかりません。
来週の予告に気になるセリフが…
池田記者が佳音のお母さんもあの心療内科の患者だった・・というようなことを言っているのです。
勘違いかもしれませんが。
だとしたら・・お母さんもなにかあったの??
ますます謎は深まるばかり。
はやく池田くんに解決してもらいたいものです。
あ、でも、池田くんが解明しちゃうのを一番嫌がっているのがお兄ちゃんだったですね。
でも、お兄ちゃんが新しい幸せをつかむにはそれしかないんだーー!

・・って、完全お兄ちゃん寄りになっているけど、
一番すごい展開は・・・
佳音の布団をめくったのがお兄ちゃん
だと思います。
まんまとお兄ちゃん@福士くんに私たちはダマされたことになるのよね。
ひぇぇぇぇ想像するだけでも、こっちの方が怖い。
 2008_11_26




05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。