上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



今年も残りあと数時間に迫ってきました。
そして、大晦日は恒例となった「笑ってはいけないシリーズ」を家族そろって大爆笑しながら鑑賞
あああーーー今年もいつもと同じように新しい年を迎えそうです。

今年はとにかく、福士くんの舞台に燃えた年でしたねー。
クローサーに始まり、夏の亀治郎の会
そして、今もなかなか身体から抜けないRENT

クローサーでは福士くんの数回に及ぶ生に何度ドキドキさせられたことか。。
亀治郎の会では、歌舞伎役者さんたちとの初めての共演に、ファンも緊張しましたねー。でも、そんな私たちもびっくりするくらいの牙次郎@福士くんの大熱演に…芝居に感動して泣いているのか福士くんの素晴らしさに感動して泣いているのかわからないくらいに涙涙でした?京都の夏の暑さも印象的でした。
そして、初ミュージカルで主演を務めたRENT
これはもぉ…言葉にならないくらいです。RENT上演中の約2か月間は生活がRENT中心になり、頭の中ではいつもRENTの曲が鳴り響いていました。

舞台が印象的ではあるのだけれど、結構映画もあったんですよねー。
のだめ後編」も実は今年公開だったんですよねー。六本木のファンミに行ったのを思い出しました。
でもやっぱり映画と言えば「東京島」でしたねーー。公開を本当に待ち望んでいましたー。
GM良かったなー。あの雰囲気、本当に良かった
思えば東京島の公開初日舞台挨拶を観るために、亀治郎の会の楽を鑑賞し終えて京都から新幹線でそのままとんぼ帰りしたっけなー。
翌日、昨日まで牙次郎役で「あにきィ?」って言っていた福士くんが【役者:福士誠治】として舞台挨拶に立っている姿を観てどれほどファン冥利に尽きたことか・・
ファンとして、本当に幸せなひと時でした。
でもその時、数ヵ月後にRENTでさらに幸せな時間を迎えることになるとはこれっぽっちも思ってはおらず・・その時はとにかく初ミュージカルというだけでこちらまで緊張してしまう感じでしたもん。

来年はいよいよ「日輪の遺産」が公開されますね。
おお?っと、その前に「テンペスト」でしたね。
来年の福士くんはファンの私たちにどんな感動を呼んでくれるでしょうか?
横向いて遠くを見ている来年カレンダーの福士くんを見てると、「ボクもわからないよ」って言ってそう(笑)

今年一年、皆さまありがとうございました。
来年も、みんなが素晴らしい年でありますように・・。

来年も、頑張るぞー


スポンサーサイト
 2010_12_31


「黴菌」

Category: 舞台観劇  

黴菌@シアターコクーン『黴菌』@シアターコクーンに行ってきました。

バイキンって漢字でこう書くンだ―、と思った人は私だけ?

昭和20年。敗戦直後の五斜池家の洋館にて繰り広げられる密室群像劇。
長男五斜池藤吉郎役の山崎一、妻には高橋恵子、二男五斜池定夫役に生瀬勝久、四男五斜池京は北村一輝。
もうこれで十分な豪華キャスティング。
それに加えて、仲村トオルにともさかりえ、岡田義徳、犬山イヌコ、そして新進気鋭の長谷川博己とくれば完璧でしょう!

長男藤吉郎は精神科医で病院を営んでいる。藤吉郎夫妻は何かを企み、四男の京は五斜池家に出入りする渋澤から恋人を奪い結婚。二男の貞夫はあるトラウマを抱えている。。憎めないお手伝いさん、危険な運転手、父親の看護をする愛人・・。
人物を把握するのに時間がかかる(笑)
そこへ、戦場から免れたひと組の夫婦がやってくる。
怪しい五斜池家で様々な人間が入り乱れ、愛と欲望と笑いと涙が渦巻きます。
はたして黴菌とは何なのか?観終わるといろいろ想いが巡ります。

妻役の高橋恵子はめっちゃキレイだったー。大正ロマン風の着物を美しく着こなし、身のこなしも優雅。演じている姿を観ていてほれぼれします。
生瀬さん、特異なキャラを演じているイメージがあったんだけど、普通のおじさん役でもやっぱり面白かった―。抑えてもあれだけ雰囲気で笑わせてくれるってのは、スゴイ気がします。テンペストに期待大
そして、何と言ってもびっくりしたのが渋澤役を演じた仲村トオル!
バカが付くくらいの正直者の渋澤役を可愛らしくそれでいて迫力満点で演じてられました。
もちろん彼の舞台を観たのは初めてなんだけど、ここまで上手い人だとは正直思いませんでした。ほんと、ごめんなさいって感じ。
今度また舞台があったら観てみたいですね。

冒頭の映像から入り演者の生の姿がシルエット風に映し出されるかっこ良さ。
2階の渡り廊下を作って高さを利用したり、玄関へ続くであろう小さな花道を作ったりとステージを縦に横に幅広く使い、劇中本当に降らせる雨も良かった。
総じてとても見応えのある面白い舞台でした。
会場に撮影カメラが入っていたので、もしかしたらどこかで放映されるかな?


ここ数カ月、RENTだったり小劇場だったり、いわゆる・・どこか身近に感じられるお芝居を続けて観てきたので、久々に演技がぶつかり合うお芝居を堪能できて【ザ・観劇】という感じでした。
舞台とひとことで言っても、いろいろあるのだなーと、改めて思いました。

さて・・来年はどんなお芝居がみれるかな??

「黴菌」@Bunkamura


 2010_12_28



韓国ドラマが流行って、「韓ドラ」なんていう言葉ができたけど、この頃「日ドラ」もなかなか面白い物もあるんじゃないかなーなんて思います。

先日最終回を迎えた「フリーター家を買う」はとっても良かった?。
ズキズキするくらいのリアリティーあるセリフに初回からズドーンと物語に入り込んでしまい、毎回、どこか自分を投影して涙しながら観ていました。
自分は、立場的に嫁いだ長女@井川遥であり、お母さん@浅野温子でしたねー。
弟に叱咤激励したり母親を心配する何げないシーンにじーんときたり、病気であっても息子を信じるお母さんの姿に自分はここまでできるのか?と感動したり・・。
いいホームドラマでした。
福士くんが何かのインタビューで、ホームドラマに出たいとか見たいとか言っていたけど、福士くんこのドラマ観たかしら??

もうひとつ、ちょっとドキドキしながら観たのが、鈴木京香主演の「セカンドバージン」
こぉ??れにはハマった。
17歳も年下の男性と恋に落ちる45歳のキャリアを持った女性の話。
脚本がすごすぎ。
これもついつい自分を鈴木京香に置き換えて観てしまうのだけど、自分の思いがそのままセリフで出てくる事が多くて、ハッとさせられる。
でも最初は主人公に置き換えていた自分だけど、途中からは、一人の女性として羨望の眼差し&応援モードで観るようになっていったのよね。。るい!(鈴木京香の役)、恋愛も仕事もがんばれ!って。
最終回の鈴木京香はかっこよかった―。
究極の恋愛ドラマだったけど、なんだかスッキリした気分になれたドラマでした。
ってゆーか、ラブシーンがすごくて、家族の手前オンタイムだとおおっぴらに観れないので、寝静まったころに録画したのを観たりしたんだけど・・なんだか自分がイケナイ事をしているようで(笑)
そんな気になってしまうような、ドキドキするドラマでしたねー。NHKさん、グッジョブです!


そんなセカンドバージンで知ったのが、45歳の女性を虜にした鈴木行(すずきこう)役をやった長谷川博己という俳優さん。
なかなか魅力的な役者だぞ??
若さゆえの突っ走り感がイイね。しかも熱い。立ち姿もスマートでかっこいい。
気付いたら、ドラマと共にハマっていた(^^;
どんな役者だ??ハセガワくん・・ハセガワくん・・と、調べてみたら、なんと!ちょうど舞台が始まるころでした。
しかも、観に行こうか迷っていた舞台ですよ。
これは行くっきゃない!と、不純な動機で舞台チケットを急遽ゲット。
ここで掛け軸にあった【浮気DAY】に繋がるのでした(笑)

舞台は「黴菌」(ばいきん)
豪華キャストで見ごたえありましたよ??。
舞台の感想はまた後日。

やっぱり、舞台はいいわー。


 2010_12_24



気分転換に、ブログデザインを変えてみました。
と同時に、新しいブログパーツを探していたら、面白い物を発見したのでこれもペタッとくっつけて…。

右のカラムに設置した掛け軸(携帯からご覧の方は見れまへん)

ツイッターじゃないけど、その時の気持ちを書いてみよ―かな―てな感じです。
20文字程度しかないのでなかなか苦労です(笑)
でも面白い

初回は
【カレンダーあって良かった】

まさにビンゴ!な気持でしたわ。
もぉぉぉ、あまりにも遅いから無いのかと悲しくなってたところでしたよ。
良かった良かった。
昨日は何度もカレンダーの販売サイト行ってサンプル写真に見入っちゃってた
早く来ないかな―
みなさんはどの写真がお気に入りかしらん?
私は…あえて選ぶとしたら、表紙と9-10月、11―12月かなー。
(全然絞れてない、爆)
横顔好きだわー。やっぱりステキ
9-10と11-12は、色気あってスキ

そして掛け軸先ほど更新しました。
【福士くんゴメン 今日は浮気DAY】

別に誤らなくても良いぞー!と矢が飛んで来そうですが、浮気に関してはまた後日・・。
 2010_12_22



CS放送で「おっぱいバレー」を放送してました。
作品自体も好きだけど、福士ファンはやっぱり樋口役の福士くんよねー

久々に髪の毛フサフサな福士くんを見たぞ――
なんだかすっごく懐かしい・・。
このところ、ずぅ???っとマークな福士くんしか見てなかったから、180度違う感じの樋口くんに萌え萌えです(笑)
スーツ姿、特にYシャツ姿はたまりまへん
めっちゃかっこいいったらありゃしない
しかもラブシーン(?)もあるからドキドキ感倍増
きゅんきゅんしながら観ちゃいました。
あ???マークとあまりにも違いすぎるぅぅぅ。
でもそこがイイわ???。(福士くん、素晴らしい!!)
久々の新鮮なトキメキに、ちょっとRENT燃え尽き症候群から抜けた感じ。
樋口くんがいいリハビリ薬になりました

そうだ
福士くんの出演作品をここで見直してみるというのもいいかもしれませんね!
(・・って、師走にそんなヒマあるかぃ?)

何がよいかしら?

 2010_12_19



RENT@中日劇場寒い!

窓を開けたら入ってきた冷たい空気。
聞けばこの冬一番の寒さだと言います。
RENT大千秋楽の日は、コートにマフラーが手放せないほど空気が冷たく感じる寒い日。
でも、名古屋の中日劇場付近は熱い熱い風が吹いていたと思います。

とうとう終わっちゃいました・・。


ああ、もう福士くんのマークは観る事が出来ないのだと思うと、淋しくて・・
RENTのナンバーをあのキャストたちの声で聞くことができないのだと思うと、淋しくて・・
予想はしていたけど、やっぱり脱力状態。

昨夜は名古屋から遅く帰って来たので、明けた今朝、カーテンコールの動画を見てあの時の感動がよみがえってきました。

最後のRENTは、広い広い中日劇場でもたくさんのお客様でいっぱいで、場内とても盛り上がっていました。
キャストのみなさんも最後だからきっと熱く燃えていたでしょうけど、熱い中にも落ち着いていて、一つ一つのシーンに、キャストのみなさんが、愛しむように丁寧に演じられているように私は見えました。

お芝居はこれまでに観た経験はたくさんあるけれど、ひとつのお芝居をここまでのめりこんで見たことは初めてで、だからこそか、【芝居は進化するんだ】という事を初めて目の当たりにしたように感じます。

本当に、とっても良かった。


福士くん、日比谷の千秋楽の時もそうだったけど、またまた目を真っ赤にして泣いてました。
それは予想できたけど、今回は最後エンジェルが出てくる辺りからもうすでにボロボロ状態だったのか、マークがエンジェルの前を通って舞台中央に行く時、エンジェルからポン!と肩をたたかれた感じで、それを見てこちらもさらに号泣です。
腕も掌も痛くなるくらい拍手を送っちゃいました。

そして、動画にもあったあのカーテンコール。

やっぱりありましたね、No Day But Today
手を繋ごうと両隣を見たら、みんな泣きはらしたような顔をしています。
きっと自分もそうだったんだろうな・・

カーテンコールの時も泣けて泣けて・・。

特に印象に残ったのは、最後の最後まで舞台に残って一人深々と頭を下げる福士くん。
すると会場から更に大きな拍手が送られるんですよ。
それはそれは大きな拍手でした。
もう、最高

手傷を負ってでもやりたかったと、挑戦したRENTの最後は、大きな大きな拍手をもらって終える事が出来たんです。
最高じゃないっすか―。
あの時を思い出すだけで、今でも涙が出てきます。

良かったねー福士くん。

ファンも嬉しかったよ。


 2010_12_17



劇団K助の「ゼロイチ」を観に行ってきました。

人が生きてきた中には、様々な「数」が見え隠れしている。

嘘をついた数。
人を愛した数。
ケンカした数。
アルバイトの数。
吸ってきたタバコの数。
・・・

もしそのゼロが、1に変った時、何かが変わる・・。
そんなお話を2つのお話にのせて描かれて行きます。

一つは、
生真面目な先生の張った事のない「見栄」がゼロ⇒イチに変った事から起こる大騒動

一つは、
とある作家の「里帰り」がゼロ⇒イチになったことで甦る幼いころの記憶と真実

--------------------

私はタバコの数がゼロだな・・。
喫煙者になっていたら、人生変わっていたかしら?

K助の芝居は、今回で  3  になりました。



K助の舞台は大竹さんが出演されているという事に加えて、金沢さんの作品であるというのがまた惹かれる要因でもあって、とっても楽しみにしているお芝居の一つ。
K助を知ったのはラストネーム以降なのでそれほど数多くは観ていないんだけど、今回のはこれまでとはちょっと違ったテイストなお芝居だったような気がします。

ひとつ、何か1歩を踏み出すことで人生はいくらでも楽しむことができると勇気づけられたようなお話でした。

金沢さんの作品は優しさがこもっているなーって、いつも思います。

個人的には、伏線を張り巡らせて最後に「おおおー!そうだったのかーー!」と思わせてそれを感動に繋げてくれる、イイ意味で観客を裏切ってくれる展開が好きなのだけど、今回はそれとはちょっと違い、正直物足りない感じがしないわけではないのだけど・・でも、大竹さんの熱演には、ほんと、大拍手でっす
帰り道、一緒に観に行った友人と、しみじみ「大竹さんはスゴイねー」と…。
でも…「オリマエ」で誰の役だったか二人して覚えていなくて(笑)いまだ思い出せず
それにしても、ほんと、なんだか・・大竹さんがスゴくなってたって印象です。
特に・・という言い方も変ですが、後半の登場シーンの衝撃は、今思い出しても笑えます(笑)

そして、もうひとつ楽しみにしているのが、金沢さんの出番です(笑)
もぉ?いつも最後の方に出て来て、思いっきり存在感見せ付けて終わる感じで、そうそう、まるで味の濃い?デザートのよう(笑)
それが楽しみで楽しみで?。
今回キャストの中にお名前が無かったので、今回は出演されないのかなーと思っていたら、やっぱり最後の最後で出て来てくれてました!出てきただけで、笑えちゃう
やっぱり、最後に無くてはならない、大事な大事な役でしたね☆
すばらしい?。


観に行った日は波岡さんがいらしていました。
きっと福士くんが観に行くなら初日だろーなーと思ったら、本当にそうだったみたいですね。
初日チケット取っちゃおうかとも思いましたが、動機があまりに不純なのでやめました(爆)
おかげでK助のお芝居を120%堪能できたのは言うまでもない?

あ??お芝居ってほんと、楽しいなぁ?。
今年はRENT以外にあともう1本、観に行く予定♪
わくわく・・・

 2010_12_13



ヤマトを観てきた。
うん、なかなか面白かった。
私も結構ヤマトには思い入れがあるので、厳しい目で見ようと心して行ったが、案外面白く観れてしまった。
木村くんも、それほど「キムタク」してなくて、じゃぁ古代くんそのものだったか?というとそうではないけど、でも良かったと思う。
もちろん細かい所を言ったらキリが無いかもしれないけど、それよりも、実写版ヤマトを観れたという喜びの方が大きいのかもしれません?。

戦闘シーンとかもスターウォーズを思い出しそうな迫力だったー。
ちょっと古代くんと森雪のLOVEには違和感あったかなー。キスシーンが唐突だった。そしてそのあとワープってのが笑える(笑)
森雪の設定を変えたのは黒木メイサのキャラからしてぴったりだったかも。当初キャスティングされていた某女優だったら…別のキャラだったのかしらね?と、オバちゃん、全然関係ない所で興味持ったりして

えええーーっとびっくりしたのは、アナライザー。
アナライザーが出てくると聞いていたからR2D2のようにそのまんま出てくると思っていたら、ipadのような簡易コンピューターのようになってしまっているし、やっとロボットの形になったと思ったら巨大化しちゃうし。
もぉぉ、タイムボカンシリーズかよーって思っちゃった(爆)

柳葉敏郎演じる真田さんは…マジ、真田さんだったなー。アニメとうり二つだったぞー(爆)
あまりにもアニメを彷彿とさせるもんだから、途中でなんだか笑えてきちゃって・・。
柳葉氏はかなりのヤマトフリークだったそうだが、さぞかしある意味楽しく演じたことでしょう。それが伝わってきました。

そして、福士ファンとしては注目しなければらないのが、コスモタイガー加藤隊員を演じた波岡さんと山本を演じた工くんでしょう。
工くんは思ったよりも大人しかったので何とも言えませんが、波岡さんは、普段のコワいイメージから一転、さわやか加藤を演じているので、なんだか観ていてこそばゆい…というかなんというか…波岡さんの笑った顔ってDVDの特典映像でしか観たことないんで(笑)笑顔慣れしてないっつーか(爆)
でもでも!ワタクシ、コスモタイガーの加藤はめっちゃお気に入りのキャラで、加藤役が誰なのかクランクイン当初からず?っと気になっていたので、波岡さんがやるって知ってすごく嬉しかったです。
欲を言えば…彼の最期はアニメと一緒だったら本当にかっこ良かったと思うんですけどねー。。わがままかしらん?

コスモタイガーといえば、存在感があったなまりの古屋隊員役の三浦貴大くんも良かったねー。
相原も、斉藤も、南部も、みんな良かった。

沖田艦長も良かったけど・・もちっと、威厳があってほしかったと、ヤマトファンして思うぞー。
病に倒れても、非現実的かもしれないけど、点滴チューブなんぞに繋がれている沖田艦長は観たくなかった気はします。それでも、最後の敬礼(だった気がする)は…素敵でした。

トータル的には、やや詰め込み感があり人物を掘り下げる余裕がないのが惜しいけど、エンターテイメントとして気楽に観る分には十分に面白いのではないでしょうか?
もう一回くらい見ても良いかな・・って感じでした。


SPACE BATTLESHIP ヤマト 公式サイト


 2010_12_07



2010120413380000.jpg久々にRENT以外の芝居を見た。
念願の大人計画だぁ?
これまでも、TVとかでは舞台を見ていたんだけど、生な大人計画は初めて
当日券を購入しての観劇だったのだけど、座布団席まで出てしまうという大盛況ぶりには、ほんと、びっくりしてしまった。

大人計画で好きな俳優さんの一人に、猫背椿さんがいる!
のだめでオクレール先生の助手(?)の役をしている女優さん。
あの雰囲気がなんだか好きなんですよねー。
今回はウエディングドレス着たりセーラー服着たりしてがんばってました(笑)

もぉ?とにかく、大人計画の俳優さんたちってみんな濃い(爆)
ついつい目が行ってしまうオーラの持ち主の役者揃いなので、舞台がとっても華やか。
そして面白い!!!腹かかえて笑ってしまっただよ
特に、やっぱり、阿部サダヲは見ごたえありますねー。すごい迫力だし、たくさん笑わせてくれた。しかもずーーっと見てると2枚目に見えてくるのが不思議(って、阿部サダに失礼だろー)。
村杉蝉之介さんもイイし、紙ちゃん可愛らしかった?。
でもやっぱり、スゴイなーと思うのは今回の作演出を手掛けた松尾スズキ。
終盤舞台にも登場するのだけど、セリフ少なくても存在感あるし、その存在や動きだけで笑えちゃうって・・すごいよねー。

で、今回の発見は、宮崎吐夢さん。
面白過ぎ!
いきなりの泣きの演技に笑わせてもらいましたー。うまい!
遠くから見てると思うのだが…古田新太に似てないだろーか??

今思い出しても笑えるシーンは、部屋の中でクドカンと阿部サダが強い酒を注ぎ合いながら飲む(?)シーン。
かーーなり笑わせてもらいました。
あと、個人的に、冒頭の目が光るシーンは結構好き。いきなりのアレで舞台に引きずり込まれました(笑)

なんだか笑うお芝居の感想のようになっちゃったけど、案外ラストは考えさせられる内容で・・クマギリ農場がなんだか島国日本のように思えちゃいました。

カーテンコールもなんだか凝っていて、アレって、いつも大人計画ではあーなんでしょーか?
ある意味豪華ですね(笑)

大人計画HP
 2010_12_06



そうそう。とっても残念なお知らせがありましたよねー。

兵庫で時間があったのでLOOKatSTARを買ったら書いてあってもうびっくり。
乱ブログでも昨日発表がありましたが・・中止とは・・
春を楽しみにしていたから、本当に残念。

ネガティブな決断ではないとのことなので、楽しみに待っていましょーかね。。

しかし…
そうなると、福士くんのテンペストの次の作品が気になる気になる
ドラマがいいな?。
映画とドラマに出てちょ―だーーーイ。

RENTもまだ終わってないのに
ファンってわがままよねー
 2010_12_01


RENT@兵庫公演

Category: RENT  

11月27日~28日にかけて兵庫公演を観に行ってきました。
シアタークリエよりもキャパの大きな劇場でどんな感じになるのだろう?と不安と期待が入り混じっていましたが、舞台上のセットを観た時にクリエとさほど違和感ない状態でホッと安心。若干幅が広いかな・・くらい。

結構後方の席で観ていたのですが、案外見やすいものですね。
逆にステージ全体が見渡せて、今頃になって発見したものがあったり(笑)
今までが前過ぎたか?(爆)

さてさて・・いざ本番。

27日・28日とも昼公演を観たのだけど、27日はどこか力が入っていないようで、ビビビ・・と伝わるものがありません。
福士くんのアドリブも空回り・・というか、まだ劇場の空気感がつかめていないのか、エンジェルもみんな探っている感じに見えました。これが地方公演の難しい所なのでしょうか?
とっても良かったという感想も聞こえてくるので、きっと悪いものではないのでしょうけど、クリエでの千秋楽を観た後の鑑賞だけに、ちょっと自分的に盛り上がれなかったかな・・。
一緒に行った大阪の友人が初見だけに、なおさら残念で。
でもその友人、終わった途端に言った言葉が「Ryohei、良いわ―。最高!」(笑)
そうなのです、確かに、Ryoheiが最高だったんです。びっくり。Ryoheiだけがいい感じにテンション高くて、もぉ~泣ける泣ける(結局泣いてるヨ^^;)
聞けばRyoheiは関西出身だとか…。地元の公演で力が入っていたんでしょうねー。素晴らしかったです。
公演後グッズ売り場でRyoheiのCDを探すけど売って無くて残念がる友人。仕方なく(?)、写真が載っているプログラムを買ってました(笑)

28日は、兵庫公演も4公演目だけに前日の雰囲気とは違って熱さの伝わる舞台でした。
そうそう!やっぱりRENTはこうでなきゃ~、って感じ。
後ろの方からも前日観た人なのか同じような感想を言っている声が聞こえてきます。あ~友人には今日の公演を見せたかったなぁ…。
相変わらずRyoheiが猛進化中。
2幕、マークとロジャーが言い合うシーン、あの大好きなシーンも今まで以上に涙ものです。
「What You Own」も素~晴らしい!
最後の「Your Eyes」は、歌い出しから胸にじ――んと染みて切なさ倍増。
アカン・・思い出すだけでも胸が詰まる(;。;)

そんな感じでございました^^

ああああーーーーー。
私のRENT鑑賞も残りあと大千秋楽1公演となってしまいました。
ああああーーーーー。
どこかの公演のチケット取って急遽行ってしまいそうで、自分にブレーキかけてマス。
でももう残ってないか(^^;

カンパニーの皆さん、残りの公演、突っ走ってくださいねー。
福士くん!喉大丈夫かな―。ちょっと心配。。公演の無い日はゆっくり体を休めてください。
 2010_12_01




11  « 2010_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。