上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



ビッグニュース(?)です。

なんと、サイケデリックペインのアンコールで盛り上がっている映像が、ほんの少しですが公開されました。
今回観れない方。
まだまだ先の方。
観てもいいとお思いの方は、こちらをクリック

サケデリック・ペイン カーテンコール映像を公開

YouTubeからはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=EmdlF-dk1rY&feature=player_embedded

せっかく、数日後の観劇に備えて詩音飢餓状態にしようとサントラ聞くのを控えているのにぃぃ、あきませんわ

スポンサーサイト
 2012_08_30



サイケデリックペインのサントラは買いです。
恐らく、舞台に魅せられた人は、サントラを聞くと脳内で鮮明に甦るかのような体験ができるはず。

たとえ、公演が終了となっても、このサントラCDがあればいつでも詩音に会える、そんな感じです。

----以下、サントラCDに関する感想なので、購入するまでは情報を一つも入れたくない方は読まないでください。


神様!アンタに喧嘩を売ってやる!から始まって、5曲目の救世主の恋での福士詩音のソロは、真っ直ぐな歌声が愛する天使ソフィーへの思いに繋げます。劇場では、うっとりと聞きほれてしまい福士ファンには最初の大きな波が訪れます。

8~10の3曲はこのCDのベストトラック。
8:A Million Secrets of Angel <BAND version>
9:Psychedelic Boogie Man <BAND version>
10:みんなロックが教えてくれた

これら3曲は、公式ページのDiscography@バンドプロフィールを見るとシングルリリースされた曲として書かれている。それを見ると、サイケデリックペインというバンドがより身近に感じられてなりません。
曲を聞けば聞くほど、すぐ覚えてしまいそうないい曲で、さすが布袋さん。舞台上で実際演奏されているのを観て、劇場なのかライブ会場なのかわからなくなりそう。
特にPsychedelic Boogie Manに関しては、福士詩音の絶妙な煽りとノリの良さで劇場が完全ライブ化します。
福士詩音の迫力ある歌声が、場内をしびれさせます!
劇場でスタンディングで盛り上がれば盛り上がるほど、サントラ聞くとそれが甦って身体が揺れます。
あの好青年なイメージの福士くんが、こういう面も持ち合わせているのかと、新しい発見ができる一曲。
はっきり言って、ゾクゾクします。
みんなロックが教えてくれたは、詩がとてもいい。森雪之丞さんのロックへのラブソングのよう。この曲は、バンドメンバー全員のソロパートがあるという貴重な一曲。個人的には途中から入る前川くんのところが好き。彼はとても魅力的な歌声の持ち主だ。お父上の低音の魅力とはちょっと違う。
どうせなら、この3曲以外、プロフィールにある瞳を閉じて青空を見ろとかCLUB27とかRain of Painとかも、聞いてみたくなります。

福士詩音が歌う曲はまだまだあるけれど、個人的に結構お気に入りなのが、12曲目の私は魁人がわからない~救世主の恋☆リプライズ
ムード歌謡のような曲調で、逆に新鮮。リナ役の内田慈さんの特徴的な甘く可愛らしい声のソロと博士役の橋本じゅんさんたちのコーラスは、劇場で観ていてとっても面白かった。曲の最後にある詩音と掛け合いのようなデュエットは、2人の声質(?)は全然違うのに何故か心地よいハーモニー。
やっぱり、福士詩音の救世主の恋は、いい。
うん、いい。

サントラCDラストは神様!アンタに喧嘩を売ってやる!<BAND version>1曲目のとは少し違う、弾けたアレンジバージョン。
PVで見せた雰囲気よりもさらにノリノリにさせた感じ。劇場ではこのバージョンなのね。ドラムが印象的。散々聞いているので、ついつい口ずさんでしまう。

今ふと思ったのだが、「神様・・」はバンドバージョンとそうでないのと二つあるのだから、ミリオンシークレットとブギーメンは別アレンジでぜひぜひPVで映像化してほしいものです。

 2012_08_28



全26公演のうち、早くも5公演が終了。
ああ・・時が経つのは早いものです。
終わりが近づいていく・・という寂しさも感じつつ、大阪公演が近付く喜びもまた、あります。

初日を終えて、ガンガンにサントラ聴きまくりの日々。

イヤホンを通して聞こえてくる福士くんの歌声には本当に聞き惚れてしまうし、ビートのきいた曲の時は思わず身体が動いてしまいます。誰もいなかったらヘドバンガンガンよ。
でもね、やっぱり生の迫力にはCDは叶いませんわー。
早く舞台が観たい!って思ってしまいますね。
次は9月なので、もうしばらくお預けです。

初日の興奮の勢いで、8月中にもう1回チケット取っちゃおうかとも思ったのですが、9月に入ってからの怒涛のさいぺ観劇ラッシュ(なんてオーバーな^^;)を思い、じぃぃ~っと待つことに決めました。

先日、サイペ公式にて劇中のライブシーンでのペンライト使用に関してOKのお達しが出ましたね。
もぉぉそれはそれは、喜びましたわ。
Twitterでも散々盛り上げようと話をしていたものですから、なんだか気持ちが伝わったみたいで本当にうれしかった。
わがままついでに、ライブもやって欲しいと真剣に思っていて、
もし、福士くん達サイケデリックペインのライブが観たい!と思った方がいらしたら、ぜひ皆さん、Twitterやお手紙、劇場で書くアンケート等々に、「ライブやってください」と書いて意思表示してみましょうよ~。
舞台限定のバンドですし、人気のアーティストさんばかりだから、なかなか難しいとは思うけど、願いを届けるのは構わないことだと思います。
だって、本当に、あのバンドは凄かったんだもん!!
さっきも言ったけど、CDは生の迫力には負ける・・と言っているにもかかわらず、CDだけでも血がたぎる様な興奮が味わえるのです。目の前で福士くんがあんなにかっこよく迫力満点で歌ってくれちゃったら、そりゃもう、中毒になりますわ。

ペンライトは26日(日)マチネ(昼公演)からもう使っている方がいらっしゃったようです。
迷わずに、準備して、劇場へ行きましょう~!
ちなみに私もすでに購入済み。
100均のキャンドゥにありましたよ。
使い捨てタイプだと5分しか持たないのとかあるので、発光時間に気を付けて~。
複数回行く予定の方は、100円のを行く回数分買うのもよし、何度でも繰り返し使えるようにスイッチ式のを買うのもよし。
私はスイッチ式のにしました。大阪の大楽まで長いですからねー(^^)

・・あらら・・サントラの感想を書こうと思ったのに、全然違う方向に話が行ってしまったよぉ
よし、それはまた後日!


このあとも、毎日無事に本番が終わりますよーに。。

福士くん、のど大丈夫かな。。
 2012_08_27



行って来ました、サイケデリックペイン初日!!
・・とその前に、ロビーの様子を。。

今回ロビーにはお花はNGだったようなので一つも置いてありません。
開場より早めにロビー開場。
演出のいのうえひでのりさんが入口にいらっしゃいます。
声かけたい衝動に駆られるけど、勇気が無くて出来ん(^^;

それよりも、早々とグッズ購入。
少し遅れると長蛇の列になるので購入は早めがおすすめ。
パンフ、サントラCD、Tシャツ、ポスター、ピックキーホルダー、リストバンド、あとステッカーだったか何かあったような・・。

とりあえず、パンフとサントラCDを購入。
これはファンとしては押さえておきたいセット。
合計4800円。

リストバンドは劇中詩音は付けているので、これもある意味買いかもしれませんね。
福士くん、とてつもなく汗を流しているので、途中からこのリストバンドで汗をよく拭いてました。

Tシャツもとっても楽しみにしていたのですが、
製作会見の時に福士くん達が着ていたモノクロデザインではなくて、ロゴがカラーだったのでちょっと見合わせ。
サイズあり。

どちらかというと、女性客が大変を占めていて、恐らく北乃きいファンであろう男性陣が少数ですがまとまっていました。

座席に着くと、照明が客席を照らしていてまぶしくてステージがどうなっているのか見えません。
新感線の舞台照明って、観客を照らすこと多いですよね。
もうこれだけで高揚感!

もう開演かと思われたそのころ、しばらくして後方で歓声と拍手が起こりました。
なんと!布袋さんがいらっしゃったのです。
席に着かれる布袋さん。
さぁ。。初日を迎える準備が整った!
いよいよ開幕です。

以下、ネタバレしてますので、未見の方はご注意ください。



とにかくね、グッズ買うでしょ?パンフは必須でしょ?
すると開演前に福士くんがどうなっているか見るわけじゃない。。
そしたらね、福士くんがロン毛なのよ。
な、なんですとぉぉ????
これはエルフ以上かも??(笑)髪の色を気にしていたら、全く違うところでヤラレタ!って感じ。
前川くんのメッシュスタイルなんて、とっても素敵に写っていて。。。
よりによって、福士くん、なんでまた襟足長いねん(爆)
てなことで、パンフ見ながら、ハサミで切ったる!とか散々言ってたのでした。

でー、いざ始まってみたら、
そんなこと、すっかり忘れてしまうくらいの福士くんの歌。
え?髪、長かったっけ?って感じ(笑)
いやいやいや・・上手いのは知っていたけど、こんなに上手かったっけ?
PVでお馴染みの「ジーザス・・」が冒頭で歌われるんだけど、PVよりも迫力があってはるかに素晴らしい。
PVはまだ福士くん歌っているように見えるんだけど、ステージ上でマイク持って歌って聞こえてくるのは、まさに、詩音。当たり前なんだけど、PVを100と考えていたからそれ以上が出てきてびっくり。バックの演奏もすごい!本当に、ものすごい練習量だったのではないかと思います。
バンドの曲以外に、天使のソフィへの歌とか、ソロもいくつかあります。
これも素晴らしい。
もちろん、ソフィ役の北乃きいちゃんや、綾野剛くんもとってもお上手だけど、ちょっと違うんだよね。響くんだよね、身体に。
ビブラートのない真っ直ぐな歌い方で、バラードなんて歌ったら、ほんとうっとり☆

そうそう。
いのうえ演出は観客席の通路をよく使用するけど、今回もまたたくさん客席の中を通ってくれました。
福士くんもたくさん通りましたよ。
センターブロック下手寄り通路側はかなりオイシイ席です。
運のいいことに、私が座った席がまさにソレだったので、もぉぉかなり近くで見ちゃいました。
福士くんだけじゃなくて、綾野くんも、片瀬さんも、みんなみんな、通りましたね。

ストーリーは、言われていた荒唐無稽というのがぴったりな感じ。
物語ラストは、ほほーこういう展開になるのか・・と、少しびっくり。
少し辛口を言えば、ちょっと話がわかりにくいです。
天使と悪魔の説明シーンは、面白すぎて内容が入っていかなかったりした(^^;
でも、それがわからないと成り立たない舞台ではないから、予備知識としてある程度のストーリーを把握しておくだけで十分かも。。

ラストは綾野剛ファンにはたまらない展開ですね。
綾野くんは、登場の仕方から何から何までかっこ良過ぎ!
ファンはうっとりだったでしょうね。しかもギターを弾く姿がしびれるくらい素敵!!!あれはオンナだったら誰でもホレるね。あたしゃホレないけど(笑)←えっ、オンナじゃないの?自分。
ただ、綾野剛くん、ちょっと緊張してた?
そんな風に見えちゃいました。
これから回数重ねて、綾野くんが一番進化するんじゃないかと期待♪
彼が進化すると、ストーリー自体ももっと奥行きができるような気がします。

福士くんは、これまでいろいろ出演舞台を観てきたけど、今回が一番完成度が高いのではないかと思えます。
これから、どう進化させていくのか・・・別な意味でそれが楽しみです。

サイケデリックペインはバンドです。
ライブシーンが2度ほど出てきます。
スタンディングでガンガン!!!
ノリノリで、ハイ!ハイ!
あの盛り上がりはすごいです。
福士くん、すごいんですよー。カッコいいんです。そうですね・・そう・・SEXY。
彼の新しい姿&魅力があの盛り上がりの中にあふれています。
福士くんのノリが心地よいんです。
観ていて、福士くんのライブ、いえいえ、彼らサイケデリックペインのライブに行きたくなりました。

そして、ガンガンに盛り上がって幕が下ります。
でもね、終われないんですよ、ここまで盛り上がらせておいて、帰れません。
アンコール、ありました。
福士くん、間違えちゃったけどね(^^)そこもまたかわいい(^^)
アンコールは良い人も悪い人もノリノリで、本当にノリノリで、そういえば、福士くん、片瀬さんと踊ってたな・・(笑)
ステージからはける時、綾野剛くんが使っていたビックを客席に投げてきゃ~!
福士くんは・・ボーカルだから投げるものが無くて、自分の着ていたジャケットを脱ごうとして笑いを取ってました。さすがだわー。
もう一回アンコールをお願いしてもっともっと聞きたかったけど、無情にも客電が明るくなって終了。

これまでいろいろと舞台観てきたけど、ここまで熱くなったのは初めて。
大興奮です。
面白くて、楽しく盛り上がれて、その舞台の主演が大好きな福士くんなんだもん、とっても幸せな気分になりました。

まだまだ書き足りないけど、今日はここまで。
翌日感想を書こうと思ったけど、興奮でなかなか眠れそうになかったので、購入したサントラCD聴きながらブログ書いちゃいました。

長文失礼。。m(_ _)m
 2012_08_23



日付が変わって、とうとう、明日、サイケデリックペインの幕が開く!!!

あ~~~来ちゃったよ。

ドキドキだぁぁ。。

一応、初日のチケットはゲットできたので行ってきます。

しかと、
この目で、
詩音が世界を救うとこ、
見てきます☆

出演される役者さんやスタッフさんのツイッターやブログを見てみるととても気合が入っているし、稽古中、今回の舞台に関する興奮や感動のコメントを読んでいると素晴らしい舞台が待っているような予感がしてなりません。

あ~~~それにしても、今回の福士くんの衣装やヘアスタイルが気になりますねー。
前川くんがメッシュ入れてるのを見て、どうなるんだろう??と急に気になってきました。
まさか・・もしや・・エルフ仕様???
むはははは・・そうだったらそうで、・・(以下省略)

舞台装置もすごそうだし・・。
衣装もすごそうだし・・。
シレラギ観てきたばかりだから、あんな感じになるのかな・・と思うとゾクゾクしますねー。
しかも今回振付されるMIKIKOさんって、Perfumeの振付されているという方なんでしょう??
どんなステージになるんでしょうか・・楽しみだわー
あらら~、もしかして、福士くんも振付されちゃったりして~??。。。あーー不安(爆)


初日って独特の雰囲気があって、役者も観客もどう反応したらいいのかわからないって感じなんですよね。
観終わって、自分がどんな感想を持つのか、楽しみでなりません。
当日は、Twitterで様子伝えられたら随時叫ぶ予定。
IDは、kuppyneko。
しかし・・夜までスマホのバッテリーが持つかが心配だ(笑)

さて・・とりあえずは、初日前日はスーパー銭湯行って余分な水分絞って身を清めてこよう~。

それでは、サイペ鑑賞後に。。
 2012_08_21



いやーーー、めっちゃ楽しい1時間でございました。

場所は中目黒&渋谷。
お酒が美味しく飲めそうなお店ばかりってところがまた、いいんだなー。
今度時間があったら行く気満々♪

しかし・・まさか中山ヒデと福士くんの中学が一緒だったとは!
そんなところから話が始まって、デビュー&代表作紹介。
ここで、今ではもう見ることのできない、金のつぶのCMが流れて、あたしゃもぉ~大感激。
これは貴重でしたー!!映像に矢印をつけてもらって初めてわかる小ささだったり瞬間だったりで、野球部員姿の丸坊主な福士くんがとても初々しかったです。

「昭和顔」「江戸顔」と言われる・・の話になった時、文四郎さまの福士くんの写真がチラっと出てきて、嬉しかったなー。あの凛々しさは天下一品です。

のだめの話になって、オーボエ演奏の苦労とか・・。
オーボエって、世界一演奏が難しい楽器だとギネスで認定されているんですねー。それなのに、あそこまで吹けるなんて、すごい!
あ、そうそう、オーボエは手元が映るアップが大変で、バイオリンは他の演者と一緒に映る引きの画が大変だっていってましたねー。ほほぉ~~って感じ。役者さんには観てる方にはわからない苦労があるのですねー。
そして、サイペ稽古の映像にもドキドキ。なんかやたらと福士くん、動いてましたー。どんなシーンなんだろー??

2軒目のお店には、サイペバンドメンバーの、前川くんと内田朝陽くんが福士くんを待ち受けてました。
福士くんのおうちに遊びに行ったときの美味しいゴハンエピに加えて、夜はアロマキャンドルを焚いてもてなしてくれたことをお話してくれたりと、かなり楽しいおしゃべりに。
お料理が好きとかそういうことではなくて、もてなして喜んでもらうことが好きだという福士くん、素敵ですねー

2軒目で最高だったのは、高校時代のバンドの話。
もぉぉぉ笑った笑った。
調査員の矢口真理が出してきた写真がすごい!
思いっきりビジュアル系で、「つんくみたい」って。それがまた本当にそう見えるからすごいよなー。
目の下のくまみたいなアイラインが笑える!眉毛も細くて金だし(爆)
でもって、バンド名がelfときたもんだ!elfは妖精という意味で、とてもいかつい男子高校生のバンドとは思えぬ可愛らしいネーミング。
福士くん、照れてたな~。
しばらくelfで笑えそうです。

3軒目は尾美さん。
尾美さんの仕事嫌い話がおもろい(笑)
ここで亀ちゃん・・いいや、猿之助となった元亀ちゃんからのビデオレターで、亀&福で酔っぱらったエピソードを披露していただき・・なんと!酔った勢いで福ちん♪がどなたかのTシャツをビリビリに破いちゃったとか。
翌日「ごめんね」と新しいTシャツを買って謝ったそうなのですが、
あ~~~アタシだったら新しいの要らないからビリビリにしてもいいのに~~~。
小中一緒だったという友人たちも登場し、幼いころの恋愛の面白エピソードも^^
福士くんのズル賢さの一面を見た感じ(笑)

最後の4軒目では、佐々部監督が登場。
出会いの「チルソクの夏」の時のオーディションの事とかその時の福士くんのお話をしてもらい、最後に激励のお手紙を佐々部監督から読んでいただきました。
それがもう感動的でね。泣けた泣けた(;。;)
福士くんもウルウルきてました。
最後に「きみがトップクレジットに出る作品を一緒に作りましょう」と手紙で言ってくれて、それが本当にファンとしてうれしかった。
その日まで、頑張って応援するぞ!!って、思いましたね。
佐々部監督のお手紙、PCに打ち直して保存しておこうかなと思っています。

福士くんの魅力満載の最高に楽しい1時間でした。
これは永久保存版やね。



番組観ながらお昼食べてたはずなんだけど、なんだか食べた記憶が無くて・・、
すべて終わったら急にお腹が空いてきちゃいました。
案外緊張して胸がいっぱいだったのかなー。
今夜のビールはウマかったです
 2012_08_20



いやいやいや・・終わったね。
良かった良かった、無事終わって。
予想通りの竜生と海音の結婚式。
良かった良かった、奏太にセリフあって。
また踊ったらどうしようかと思っちゃったわよ。

最終回、なんだかラストへ急加速したような気がしてならないのだけど・・、まぁ。。せっかくここまで我慢して観たからそこは気にしないことにして・・。

竜生と蓮花が2人で海を歩くシーンあったけど、この二人はお似合いだなー。大人の雰囲気がある。
しかも、竜生な福士くんがかっこイイったらありゃしない。
また共演してくれないかなー。
この海のシーンで、海音の本当の心を蓮花に話した竜生。
その後、海音の合コンに乱入後に話したなまぽになった理由。
この二つの話をさっさとみんなにしてたら、話はこじれなくて済んだんじゃねーの???。。と、言ってはいけません(ぬはは)

竜生のガラスに鼻をくっつけるアレは、もともと脚本にあったのかしらん。
福士くんのアレンジのように思えてならないわー。ナイスです。

深夜バス、「最近超安いんだな」と竜生。
「そうよ♪」と、思わず返事しちゃった(^^)
来月の大阪入りは夜行バスでっせー

竜生の就職が決まったシーン。。。
石田えりがちょっとうらやましかったぞー。(コラッ)

最終回を観終わって、なんだか竜生が主役のように見えちゃった。
最終的には、やっぱりキャプテンの存在が大きかったってことなのかな。。
キャプテンの復帰で仲間がまた団結できたって感じ。
最後のビーチフラッグのシーンから教会で遥冬が海音に竜生を引き渡すシーンは、ちょっとじーーんときちゃった。
一緒に観ていた息子がこのシーンで私の方を振り向いて泣いてるかを確認しやがった!!(笑)むむむっ!
ちなみに、この息子、電車に乗る海音を追いかける竜生と遥冬の「みおーーーん!」を聞くとクスクス笑います。

ボロボロになった2人が教会に入ってくるシーン、やっぱり、砂まみれできちゃなくても竜生はかっこええなぁ。。

福士くんのブログにあった、オールアップのシーンは、あのプロポーズ(?)のシーンだったのですねー。
リボン結びがとってもお上手な竜生くん
これらのシーン、実はちょっと別な角度で観ていた部分もありました。
趣味で映画やドラマのボランティアエキストラやっているのですが、現場で知り合った人がこのドラマのエキストラに参加し、それが福士くんのシーンだったとのこと。
先日現場の待ち時間で私が福士くんのファンだと告白したらその話になって驚いた驚いた!!!
そうしたら、その後のエキストラ募集の情報を教えてくれて、最後の最後の募集が、あの新宿でのシーンだったようです。
募集の内容からだと、これは深夜から早朝にかけて行われたようで、夜とはいえ暑かっただろうし眠かっただろうし、大変だったでしょうね。
私も応募できるチャンスではあったのですが、超ヘタレなのでアウト。
もちろん、募集の時は役者は誰が来るかなんて書いていないので、福士くんだとは予想もつかなかったのですが、万が一のことを考えると一歩が出ん
実は超近場でも撮影があったのだけど、若い人募集だったみたいで、どうにかして若作りして応募しようかと考えたんだけど、物には限度があると思いやめたのだけど、その現場にいたのはどうやら健ちゃんだったみたいで、ぷぷぷ・・無理しなくて良かった(爆)

あ、また話題がズレた。

シカシ・・
ラストのキス。。
いいのか、あれは・・
きゃぁぁぁぁぁだめだめだめ・・・!

海の中から登場して邪魔するエキストラだったら、迷わず応募したな。うん。

以上!結婚同窓会、終わり!!
 2012_08_18



いいね、毎週ドラマがあるって(^^)

4話観て、気になったのが3人の娘たちの会話。
とうとう3人の思いが爆発。
ズルいだの、好きだったんでしょだの、わかってただの・・それぞれが自分のうまくいかない恋愛を人のせいにしているようでちょっとイラっときた。まぁ・・それぞれの抱えてる現実を思えば仕方ないのかもしれないけど・・。
でもね、ちょっと変だなって思った。
彼女たちは栄光の7人という名が付くくらい、特別な仲間のはずなのに、どうして10年前、お互いの恋愛事情に踏み込まなかったんだろう。。
中学生なんて異性を意識する時期だから、それを同性の仲間で共有したい気持ちがわくと思うんだよね。打ち明けたりとかそういう機会はなかったのかしら・・。
海音は竜生と蓮花のキスを、遥冬はプールサイドでの海音と竜生の会話を目撃して、そのまま胸にしまいこんでいた。
中学生だと衝撃過ぎて誰にも言えないものだった・・とか?仲間が大事だった?言ったら壊れてしまうほどの弱い絆なの?栄光の7人という名に酔いしれていただけ?
お互い踏み込めなかった分、今こうして爆発して傷つけ合っているように見える。大人になった分、傷は深い。
でも、まっ、仲間ならば修復はできるはず。。だけどね。

夜の海のシーン。
「海音と会えてよかったよ」と竜生。
いい感じになりつつあるところで、海音に近づく竜生。
ヲイヲイヲイ・・また身体ごとぶつかっていくパターンかよー!って思ったら、今度は違った!!
「キス返してよー!」と言った海音だもんね、2度も同じ過ちは犯さないってヤツだ(笑)
竜生の「一回くらいいいじゃねー?」の言葉、いいなー。
これって、アドリブ???(笑)

竜生の代わりに身体ごとぶつかっていったのが遥冬。
あーーーなんでここで悠姫とキスするかなー。
今の子は、慰めてくれたお礼にキスしちゃうのん??

それにしても、竜生とお母さんのシーンはいつも心が痛い・・。

夜のプールサイド。
「お前のそういうとこ、ずっと好きだった」
この時の竜生の目が優しいこと優しいこと・・。惚れる。。
でも、「だめ」といった海音の気持ちわかるなー。ここまできて、竜生には行けないでしょー。ひたすら後悔でしょう。
自業自得。そうよ、そうよ、泣けばいい。。と思った私はヒドイですか?
結果的にケンカの元を作った海音が蓮花に「東京に帰って」と言われた時は、正直ちょっとすっきりした。
海音がそこまで悪い娘だとは思ってないけど、海音みたいな好かれていることを知りつつもふりまわすタイプは、恋愛不器用で暗い自分からしてみれば、苦手なタイプ。

それなのにさ。。
電車に乗ったら追いかけてくる同級生のオトコ2名。
まっ、こーゆーもんなのよね、モテるオンナって。(ふーーーんだ!)


痩せたせいもあるだろうけど、今回のドラマで福士くんの新しい表情が見れてとっても嬉しい。
こういう素敵で魅力的な表情もあるのねー
来週はまたまた新郎姿。
今年は新郎姿が多すぎる(爆)
女優は仕事でウェディングドレスを着ると婚期が遅れるってよく言うけど、男子はどーなのかしらん??
遅れても構いませんよ~~~~~~
 2012_08_13



第3話。

うーーーむむ。。
1話2話と、案外面白く観れたなーって思っていたけど、ちょっと3話はベタ過ぎて・・やや引き気味。。

個人的にめっちゃ笑えたのが、悠姫の携帯の着信音。
私のと全く同じで、健ちゃんから「帰る」というメールが届いた時に聞こえてきて、家族も私もメールが来たと勘違いして携帯探しちゃったよ(笑)

一番印象的なのは竜生のアパートシーン。
竜生も蓮花も今の状態から抜け出そうと前向きだったのに、お母さんの登場で一気に暗雲。
お母さんの興奮する様子を見て、胸が痛かったな。。竜生の暗い顔。。竜生のなまぽにならざるを得ない状況がわかった気もした。
それに、故郷に帰ってくるのはいいとしても、都会とは違う小さな町の多数の目に、竜生と蓮花が惑わされるとはね。でもだからって、そう易々と「友達でいよう」はないんじゃないの?ってちょっと違和感あった。
まぁ。。5話しかないし。。ここで距離置かないと話が進まないし。。所詮それだけの仲だったって事なんだけど…。
お母さん役の石田えりさんには驚いたなー。
しかし、竜生、なまぽのくせにラージ(XLARGE)のTシャツ着てるよー。
ラージのTシャツって、普通のでも確か5000円くらいするぞ。
なまぽじゃないけど、2980円のTシャツも買うかどうか一日悩むぞあたしゃ(笑)

面接に行った先の社長が前健だったのには、ぷぷ・・っとなってしまった。
確か・・前に・・オトコマエ!の時かな?前健さんがゲスト出演されて、インタビューで福士くんの事を「ウルトラマンみたいで好み☆」って言っていたような…。違ったっけな?
縁があるなー(笑)
それにしても、先々で手を打っていたのはDV夫か・・。
そんな小さな町ならば、DVの事暴露しちゃえばいいのに~、なんてね。

一番引いたのが、突然踊り出す奏太。
あれは一体なんだったんだろう???
海音が溺れちゃったシーンも、「お前最低だな」って、竜生それは遥冬が可哀想ってーもんだよ。
なんだか今回はアレレ?てなシーンが多くてちょっと残念な気がしました。
でも、予告のプールサイドの竜生@福士くんの顔にきゅーーーーーーーーーーーーーんときちゃった。
あの表情は、とんでもなく、イイです。最高です。ベリーグッドです。モシッタ(マシッタ?)です。


 2012_08_07


ラジオ

Category: 福士くん  

家の中からすっかりラジオの姿がいなくなってしまった今日この頃。
ラジオがネットで聴けるようになるのはいいものですね。

福士くんが、TBSラジオ原田夏希「宴もたけなわではありますが」に出演。
原田さんとはパレード以来だ・・☆

OnAirの1時間前からPC開けてスタンバっていたのに、なんと、うっかり時間を忘れて別のラジオ局の番組に聴き入っちゃって、最初の3~4分を聞き逃してしまった!!!アホなワタシ。。

急いで点けたらすぐに福士くんの声が聞こえてきて・・。
最初の数分は何を話していたんだろう???
少ししたら【思い入れのある曲】ということで、福士くんがリクエストしたのが巷で人気の(?)サイケデリックペイン「ジーザス!アンタに喧嘩を売ってやる」。
曲が流れてくると、本物の歌手みた~~いいつもPVで福士くん達の映像を観ながら聞いてるのと違って、本当にCDリリースされた曲みたいでゾクゾク・・と鳥肌立っちゃいました。

PVの話になった時に、ビジュアル系バンドではないという福士くんに、原田さんが「見たよ。アイライン引いてるよね」と鋭い突っ込み。しかも、チャングンソクみたいだとまで(笑)ぷぷぷ・・・(^m^)
福士くん、「チャングンソクさんに失礼だよ」みたいなことを言っていましたが、いえいえ、そんなこたぁ~ござんせん、充分グンちゃんよりイケてますよ、モシッタ(韓国語でかっこいいの意)ですよ
ここで一つ・・。よくモシッタをマシッタと間違えたりするのだけど、オイシイという意味になってしまうのだが、私の場合、マシッタでもあながち間違いではなかったりもする・・ムハっ(笑)

あ、話題がズレた。

サイペの流れから、やはりRENTの話しまで及んだ。
原田さんはパレード公演終了後、ニューヨークへ行って本場のRENTを観てきたそうで、「これを福士くんがやっていたのか!!」とすごく尊敬したそうです。
RENTという舞台は、RENT自体が好きで観に来る人が多く、「このRENTはどんなRENT?」という視点の人がとても多いらしく、そういう点で初ミュージカル主演はものすごいプレッシャーだったとか。。
内容的にはRENTは歌のキーが高くてのどの疲労がすごかったらしい。夏場の稽古のせいもあるけど痩せた・・とも言ってました。
サイペはそこまではキーは高くないとか・・。劇中の歌はほぼ生オケで、自分たちも演奏すると。。
こーーれはちょっと期待ですよねー

PVも作ったのだから、歌手みたいにCDもリリースするんですか???という、ファンが一番気になるところの質問が。
福士くんは否定。いや、否定も肯定もしなかったかな。。
PVさえも、雑誌でも書かれていたように話の流れから進んだ話だから、CDリリースも今後どうなるかわからないと、上手いお答え。さすがです。
ツイッターで流れてくる様子では、サントラCDがあるような感じですがそれもまだ未確認情報ですし・・。
あ、でも、バンドメンバーととても仲が良くて、ライブやりたいねと話しているとか。。
「本当に飛び入りで告知もなくどこかに行っちゃうかも」と福士くん。
それを聞いて原田さんが「福士くんは、やりたいと思ったらやっちゃう行動派だから」って。。
だね、だね、本当に飛び入りでどこかに歌いに行っちゃいそう~♪
その時は盛り上がってくれるといいなぁ~~~
それと、どこか歌番組に出てくれると、めっちゃ嬉しいんだけど~~~

あとは一通りの値引きシールネタで盛り上がり、
「今後挑戦したい役は?」の質問に、
「何でもできる役者になりたいと思っていたけど、今は『悪い人』をやってみたい。芝居の幅が広がって面白いですね」と、なんとなく、うさみん@バチスタを思い浮かべてしまった福士くんの言葉でした。
私も好き――!福士くんの悪い人~

原田さんとは、ご飯も飲みにも一緒に行ったりと仲良くされているようで、会話も自然に盛り上がっている感じで聴き心地の良い数十分間でした。
また共演したいねーとかも、そういえば、2人して最後の最後に言っていたなぁ。。

それにしても、福士くん、いい声だった。
たくさん、たくさん、癒されちゃった。
 2012_08_07



福士くんのファンクラブから会報創刊号と会員証が届きました。
まだ届いていない方で、内容を知りたくない方は、以下完全ネタバレですのでご注意ください。



-------------


来た来た来た~~~
買い物に出かけようと外へ出たら、いつもメール便を届けてくれる自転車のオッチャンが去っていくところで、もしや!!!と思い、ポストを見てみたら、オレンジの大きな封筒が・・
やっぱり届けられる封筒はオレンジだった!
福士ん家オリジナルロゴが入っているってトコがなんとも素敵~☆

ここでネーミングを整理。

先日、この会員証等々の発送の遅延をお知らせするメールがファンクラブから届いたのだけれど、それには福士ん家通信とあり、メルマガが福士ん家通信で、この会報は福士ん家 294号室となっているようですね。
ついつい、福士ん家通信が会報のように思われてしまいがちなのだけれど、そこは間違えないようにしなくっちゃ。

さて、その福士ん家294号室でのプロフィール。
一つ一つの答えを読んでいると、福士くんらしいなぁ。。とほのぼのしてきます。
そうか・・生きがいか・・。役者として立派になっていく福士くんの姿が浮かんできます。
それにしても、一番印象に残っているセリフが、まさかあのドラマのあのセリフとは~!!
うん、うんわかる(涙)泣きましたわー、あのシーン。名シーンですよね。このシーンなんだ・・と思ったら感動しちゃいました。

この会報は全体的に可愛らしいデザインで、気分が明るくなる感じ。
欲を言えば・・もう1ページくらい増えてボリュ-ムアップしてもらえるともっとうれしいかな~。。なんて。

ところで、これって、直筆サイン??

おおおー!うちくる、19日だってー
ガッツリ録画じゃな。

スペシャルプレゼント企画、何でしょう????
超レアだって
期待しちゃいますね。
2号の表紙の福士くんも期待しよ~っと(もう次の号かよ!)
あ、でも、VBの写真はかんべーーん(><。)


せっかくの有料FCの会報なので、詳細な内容の記述は避けたいと思って、ギリギリの線で止めてます。。
コメントくださる場合も、ご協力いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
 2012_08_05



NCM_0493.jpg脚本:ふじきみつ彦/ヨーロッパ企画/ムロツヨシ
出演:本多力/永野宗典/ムロツヨシ
演出:ムロツヨシ

念願のスズナリ。
演じる方も、観る方も、気合が入るスズナリ。

俳優ムロツヨシが好きな役者と舞台を作るmuro式。
前回のmuro式5は、出演者各自が脚本も担当したのだけど、今回はムロさんが演じる方に専念したいとのことで、脚本家さんに依頼して作っていただいたとのこと。
「ロース」「デッドメンズハイ」「そ」のオムニバス
デッドメンズハイは、muro式1(だったっけな?)でヨーロッパ企画の上田さんに書いてもらったものの再演とか。大まかな筋だけで、あとは3人で演じながら肉付けしていったものらしく、いかにもエチュード的な匂いがするもので、そのテンションの高さに圧倒される。
「そ」は、プロローグの続編。地球を侵略するかその査定にやってきた宇宙人と、その宇宙人を寝泊まりさせる寺の住職のお話。プロローグでは、宇宙人を拒絶するだけだった住職も、時間の流れと共に人間関係(宇宙人関係?)が構築されているところが面白い。そしてラストがコメディの割にしみじみと余韻が残る。

今回のテーマがグラフということで、時間軸を中心に、時間が長くなるとテンションが高くなっていったり、友情が芽生えたりと、何気ない話がきちんとテーマにそっているというのは忘れてはいけないところ。

傑作だったのは「ロース」。
これはその脚本家のふじきみつ彦氏作とのこと。
いやいやいや・・。ムロツヨシワールド全開の、彼無くしては成り立たない面白さ。そして本多&永野両名がまた絶妙すぎる受け方。
2列目の桟敷席で観ることとなった私たちは、そのムロワールドを全身で浴びてしまって、笑いすぎてお腹が痛くなったほど。
ロースの冒頭数分間、観客を無視して横向いたまま演じて顔がよく見えないのにもかかわらず、その表情が見えるかのようなムロツヨシの演技がすごい!すご過ぎて怖い(爆)←笑えるところがミソ
とっても面白いお話で、またまた・・素敵な脚本家を見つけてしまったというオマケつきのmuro式6@スズナリでした。

次回公演は既に決まっていて、シアタートラムとか・・。
おーー!私の好きな劇場だー。
スズナリの倍くらいある劇場で、だけどステージがとても近く感じられる小劇場。
ぜひまたこのメンバーでお願いしたいものです・・。

東京公演終了
大阪公演はHEP HALLにて8/3~5

 2012_08_01



いやん今回の雑誌、みんな英字~(笑)

7/27。
とりあえず買おうとは決めていたけど、ルクスタをパラパラ・・と本屋で見た時に飛び込んできた1ページまるごと福士くんにきゅんきゅんしちゃったよー。
そして、心の中で、「ありがとう~!ルクスタ!」と言っていたね♪

ルクスタもベストステージも、同じ演劇雑誌だから(しかも表紙の人まで一緒だよー)、2冊買うのは内容もダブって必要ないような感じもするけど・・一応、お祭り的に2冊ともご購入~。

ルクスタは、乱が連載しているだけあって、大きく取り扱ってくれてうれしかった―。
記事を読んで驚いたのは、このバンドを舞台が始まる前に実際に活動させるのは、最初から決まっていたのではなくて、話の流れから生まれたという事。すごーーい。
これはいいアイディアですよね。
あれで、ファンはかなーーり期待が高まったし、ファンでないひとも、かなーーり期待が高まったと思います(同じかい!)

興味深かったのは、やっぱり稽古場レポ。
稽古場は、素の福士くんに近い姿だし、何よりも、熱中している姿はかっこいいー
先日、以前NHKで放送された劇団☆新感線の特集映像の再放送を目にしたのだが・・。。その中で、いのうえ氏の演出している様子がありました。
いのうえ氏は、椅子に座って指示を出すのではなく、実際に役者の横に行ってその場で演技してそれを役者が掴むという方法で演出を進めていくようです。福士くんがいのうえ演出を振り切ってるって言っていたけど、まさにその通り!役者に見せるいのうえさんは役者以上にキレキレで、しかもそれがすごくて、それに役者が追い付くのが大変という感じです。
今回の稽古場写真を見てみると、なるほど・・役者と一緒に動いていそうないのうえ氏発見!!
あ~~~これ見ると、NHKでの特集映像の演出シーンとダブって、本当に福士くんがいのうえさんから演出受けてるんだって実感できて(感涙)・・あたしゃ、雑誌見ながらこんなところで感動しちゃってました(^^;
本当に・・いのうえ氏演出の舞台って、役者にとっては最高の出来事なんだろうな・・。
泣け――!悩め――!痛感しろ――!
と、ファンらしからぬ福士くんへの思いが込みあがってしまいました。

28日。
MISSは年代的にターゲットな割に、まだ買いに行けてない私・・。
でも立ち読みはしたぞ☆
何故かサイペとか全然関係ない、福士くんのタイプに注目してしまった(><)
確か・・ガッカリするのは言葉使いが汚い人って書いてあるのを見て、ひとり反省をするオバはん。。
せめて、いつもニコニコでいられる、笑って笑われるオバはんになるよー心がけます(^^)


サイペ初日まであと21日
 2012_08_01




07  « 2012_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。