スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


危険なカンケイ試写会&舞台挨拶

Category: 危険なカンケイ  

七夕に、行って来た。

場所は渋谷のHUMAXシネマ。
PARCO劇場のすぐ近くだ。

5分ほど遅れて開始。
遅れているから、もしや舞台挨拶が先か?と思ったけど、上映が始まってホッ。
3話まで配信済みだったけど、その中でも若干カット部分もあったりと、全16話分を一つのストーリーに上手く繋げて、約1時間40分ほどのものに。
当初「映画」という文字もあったこの作品だけど、このままではちょっといかんなと、正直思った。
ストーリーはとっても面白い展開で、最後の最後まで、楓(深キョン)や修司(福士くん)の正体が見えなくて、最後はえーーそうだったのーーー!!!と、驚く展開が最高なんだけど・・
これは全16話の10分ドラマ用に編集されたドラマだから、100分の繋がった映像となるとなんか・・ちょっと・・物足りないのよね。
やはり、映画は映画、ドラマはドラマってゆーか、二足のわらじというか・・。
一話数分のドラマに「次はどうなるの?」という視聴者へのワクワク感を第一に考えた場合、「危険なカンケイ」は毎週月水の更新は待ちきれないものになるかもしれないです。。

とまぁ、知ったかぶりかましてますが、ミーハー的見地からすると、まぁ~福士くんファンにはたまらないシーン続出のこの作品
セリフも、耳がこそばゆいものから胸がキュンとなるものまで、てんこ盛りでございます。
そして、ビジュアルもまた、すんばらしくカッコよくてございまして、あまりのカッコ良さに途中で「かっこいいぃぃぃ」と思わず口から漏れてしまいそうになったくらいです。
試写会に行かれた方!ほらほら、終盤の、あのシーン、あれなんか悶絶モンですよね。

でね、わたくし、思うのです。
このキャラは面白いなと。
続編と言うか、このコンビで本当に今度は「映画」を作ってくれないかなと。
新作で。
これで終わるには勿体無いです・・。
まぁ・・確かに・・楓の正体がいまいちピンと来なかったりと、不安要素もあるのですが、娯楽映画として十分成り立つコンビだなと思いました。
ホリプロさん、いかがでしょうか???

しかしなー、いくらホリプロ主体とはいえ、
イベントやって、ネットに福士くんの姿がどこにもないって、ほんと、悲しみの極み。
でも、悲しんでばかりいられないから、あの時を思い出してみた。

登壇したのは、深キョン、福士くん、金子修介監督の3人。
当日が七夕ということでお三方とも浴衣を召していて、これまた、まぁ~美しい事美しい事。
あ、監督はちょっと着崩れがおきていたのか、胸元がはだけて白シャツが見えてて・・そう、まるで縁側で将棋指してる下町のおじさんのような雰囲気。
これはこれで素敵です。
深キョン&福士くんの浴衣姿が本当に素敵で、福士くんは、それはそれは良く似合っていて、こんなに浴衣の似合う芸能人は他にはいないだろーと胸張って言えそうなくらいでした。

さて、トーク。
まず、ムムムっ!ときたのが、司会者が福士くんの名前を「ふくち」と紹介したところだ。
少なくとも2回間違えた。
役名とごっちゃになったとか言ってたけど、失礼極まりないわ!
それに、進行もなんだかなーてな感じで・・最後の〆も金子監督からちゃんともらわなかったのはアカンと思った。

あーーアタシ、文句ばっかり言ってる。
いやな女だわー
こんなに素敵で、演技も頑張っているのに、ファンとして切なくなる事ばかりで堪らない(;。;)
言えば言うほどそれを大きくしてしまっているようで、言うのをやめようとか思わないようにしようとか、いろいろ葛藤もあるけど・・これもきっと数年後には懐かしい思い出になると信じて、こうやって書いちゃうよ。。
今までも同じような事いろいろあったもんね。
そのたんびに歯を食いしばって、その後の福士くんの活躍に力もらってた気がする(^^;


気を取り直して・・
福士くんは、深キョンに関するエピソードとして2つ披露してくれた。

ひとつは・・
1話冒頭の二人の出会いのシーン撮影の時、彼女が転んでしまってたくさんの血が出たそうで、そんな時に深キョンが「このデコボコ地面め!」と地面に怒っていたのが可愛らしかったらしくて、これから先好きになる役としてやっていける!と思ったそうです。
わーー私もやってみよ~!とか思ったけど、ただの介護になりそうだから却下(笑)

もうひとつは・・
福士くんのお兄さんは昔エキストラをやっていたらしく、撮影で深キョンと共演した経験があったとの事。
今回の共演で、やっと兄を越えた!と、家族共々喜んでいるらしい。
家族で深キョンファンだそうだ。

一方、深キョンは、福士くんの事を、
撮影時、いろいろなアイディアを出して撮影に臨んでいたらしく、いろいろなアイディアを持っている人だなーと感心していたとか。
それを受けて福士くんは、
監督とセッションしながら作り上げていくのが好きだ・・と。
うん、いつもそのスタンスを忘れずに撮影していますよね、福士くん。
金子監督は福士くんを「細い」と少し懸念していたそうだけど、動きにキレがあるところを褒めていました。

「ドラマのような駆け引きをしたことがありますか?したいですか?」
という質問に、「ないです!」と大きく答える福士くん。そんな・・考えながら恋愛してたら疲れちゃうって言ってました。

あとどんなこと話していたかなー。
忘れちゃったなー。
とにかく、福士くんが一生懸命に場を盛り上げようとしていたのは確か。

一番印象に残ったのは、退場する時。
客席通路を通って入退場したのだけど、退場する時は、客席中ほどで立ち止まって、後方列の観客に向かって再び深々とお辞儀をしたんです。
そして、扉の所で再び深々とお辞儀を。
ああ・・福士くんらしいなと。
その昔、「きみの友だち」のトークイベントの時もそうでしたねー。
今も変わらないあの姿が本当にうれしかったです。

さて。
あっという間に今日は第4話配信。
ここにもドキッとしちゃう何気ないセリフが・・



スポンサーサイト

 2013_07_08


Comments

ありがとうございます(≧▽≦)☆ 

ねこさん!
行けなかったので凄く嬉しいです☆
福士くんの浴衣姿見たかったなあ( 〃▽〃)

恥ずかしくなるようなセリフや
胸キュン楽しみです(∞*>∀<*艸)

いつもその後に福士くんから
元気をもらった。
昔から変わらない福士くんの人柄。
というねこさんの言葉に
そっかー!そうなんだなあ!と。
まだまだ新参者です!
最近時々思う事があったりますが
これからもずっと応援していくし
やっぱり好きです☆
(あたりまえか!

ちょっと今日は凹み気味でごめんなさい。
試写会に一度も行った事がないのでいつか行って直接舞台挨拶見てみたいです☆
春爛漫  URL   2013-07-08 23:23  

 

東京の舞台挨拶はマスコミが入っていなかったそうですよ。

マスコミは大阪だけだったらしいです。
ぽち  URL   2013-07-09 00:45  

Re: ありがとうございます(≧▽≦)☆ 

春爛漫さん、こんにちは(^^)
毎日暑いですねー。

そう、ファンが、あーでもないこーでもないとモヤモヤしているあいだに、福士くんは変わらずに確実に仕事をこなしているのですねー。
お互い、へこたれずにがんばりましょー。

舞台挨拶、私も久々でした。
映画にもっと出てもらって、こういう機会が増えたらいいですね☆

ねこ  URL   2013-07-10 00:53  

ぽちさま 

こんにちは。

> 東京の舞台挨拶はマスコミが入っていなかったそうですよ。

そうですね。
最前列にお客さんが座っているのを目にした時に、いないんだなーって思いました。
でも、FCとかだけでも、見せてくれたらって思ったりもして。

完成間近のは披露していただけましたけど(^^;
ねこ  URL   2013-07-10 00:58  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。