スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「ピアフ」

Category: 舞台観劇  

上演中につき、ネタバレご注意ください。

piaf_omote2.jpg作:パム・ジェムス 
翻訳:常田景子 
演出:栗山民也
キャスト:大竹しのぶ/梅沢昌代/彩輝なお/伊礼彼方/碓井将大/川久保拓司/横田栄司 ほか

「いい芝居が観たい!」「感動したい!」「お腹いっぱいになる芝居が観たい!」という欲求が、ホテカルを観てから増大し、ピアフを購入。
主演の大竹さんは・・ほんと言うと苦手。
上手いとは思うけど、芝居を観るうえでどこか近寄りがたくてほとんどスルーしてたんだけど、なんだかねー、いろいろな条件が重なって行くことになった。
その条件って、まず、横田さんが共演してる。
栗山さんが演出してる。
川久保くんや伊礼くんも出てる。
シアタークリエは好きな劇場の一つ。
そして、なんと言っても、感想から聞こえてきた「舞台と観客との”一体感”」という言葉。
ホテカルでテンションだだ下がりな自分、観に行ったら何かをもらえるんじゃないかと、そんな期待感を持って劇場へ行った。

感動した・・。
そして泣いた。号泣。
こんなに泣いた芝居は・・東京セレソンデラックスの「くちづけ」以来かな。
でもちょっと意味が違うかも。
「くちづけ」は泣きながら笑ってた。
でも「ピアフ」は、ただただ、目の前にいるピアフが壊れていく様を見て悲しくて切なくて涙がポロポロこぼれていった。

お芝居を観ながら、こんなにも演じている役者の影を感じなかったことは無い。
もうそこにいるのは女優大竹しのぶではなくて、本当にピアフだった。
私は芝居を観る楽しみの一つに役者の演技を堪能するというのがあるのだけど、今回は演技を観ている感覚はなかった。
それだけ舞台上に引き込まれたって事なのかもしれない。
まぁ、それはそれで堪能しちゃってるってことなのだけど。

栗山さんの演出も場面転換がとってもスムーズで、しかもわかりやすい。
フランス国旗の幕を使っての歓喜を表現したり、影を使った表現も印象的だった。
場面場面が全体的に暗めの色使いで、だからか、ピアフのステージの赤い幕や彩輝さん演じたマレーネ・デートリヒの女優としての衣装が白く華やかで輝く夢の世界は別世界なのだと感じる。
そして、常に中央に置かれるマイクスタンドがピアフの象徴のような気がして、それがなくなる時の悲しさ・・胸が締め付けられました。

いろいろな役を演じる共演の方々も素晴らしかった。
横田さんは、まさか初っ端からあーゆー役だとは・・思いもしなくて声出して笑っちゃった。
大きな役としてはピアフが最も愛したであろうマルセル役。プロボクサーの役で精悍でした。
そしてマルセルもまたピアフと同じ孤独だったんでしょうね。短いシーンでもそれが伝わってきました。
でも個人的にお気に入りはドイツ兵(笑)

印象に残っているシーンの一つに、伊礼くんが演じたシャルル・アズナブールとの別れでシャルルがピアフの足にキスするところ。
あれは観ていて辛かった。今思い出しても涙出てくる。
胸が痛くて・・いたくて・・もう、あのあたりから私の目は大洪水になってました。
伊礼くんが「She」を歌ったのだけど、あれは、エルヴィス・コステロの曲かと思っていたら、違ってたのね。
とっても耳心地の良いソフトな歌声で、Sheが大好きな私としてはもぉ、惚れる一歩手前まで行ってました。(浦井くんが止めた?笑)
夏の王家の紋章がヤバい。

川久保くんで印象に残っているのは自転車。
うまい!!!軽やかでかっこ良かった。
そして、ピアフを最後まで見守る姿に感動しました。

最後に碓井くん。
ラストのテオが印象的。本当に泣いてたね。
観終わってテオの事を調べたらピアフの死後借金を返したって言うじゃない・・。
碓井くんのピアフにそっと寄り添う姿がそのエピソードと重なってまた涙出そうになりました。

そしてそして。
私の耳から今も離れないのは・・
ラストのピアフが歌う「水に流して」。
ピアフが人生の喜怒哀楽全てを昇華させて天国へ向かう歌のよう。
観に行く前は「愛の賛歌」が一番になるのかなと思っていたけど、
もちろん「愛の賛歌」も素晴らしくて涙無くては聴けないのだけど、
この「水に流して」は舞台上で表現されたピアフの人生を観てきたからこその感動があります。

長々と綴ってしまい、相変わらず、文章も下手でまとまりもなく、恥ずかしい限り。
やっぱり食わず嫌いはだめです。
苦手意識があっても良いものは観ましょう。

エディット・ピアフ「水に流して」
ピアフ公式サイト


スポンサーサイト

 2016_02_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。