スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


アイシテル?

Category: つぶやき  

水曜日・・本来は「子育てプレイ」に「KOI☆AGE」と福士くんにドキドキな日になるはずなんだけど、実はここ数週間、涙涙の水曜日になっている。

「アイシテル?海容?」
日テレ系で22時から放送されているドラマ。
毎回見るたびに胸が締め付けられそうなくらい痛いんだけど見てしまう。
そんなドラマだ。

小学5年生の男の子が2年生の男の子を殺害してしまった事件を通して、家族のあり方を、母親の姿を見つめなおすお話。
公式HPの冒頭にこのドラマをすべての母に捧げるとある。。。

「あなたは子育てに自信ありますか?」
そんな質問をされて「大丈夫」と答える人は数少ない事でしょう。
私も全然だめ。
年を重ねて、結構子供も大きくなったけど、今でも悩み続けているし後悔ばかり。
でも、どの母親もそう言いながらも「うちは大丈夫」という気持ちがないわけじゃないと思う。
加害者の母親も被害者の母親も、決して子育てを放棄していたわけじゃなく、むしろ一生懸命で悩みながらも前向きだった。
だけど事件が起こってしまった・・・。

これは謎解き中心の刑事ドラマではない。
心を閉ざしてしまった加害少年を通して、母親が、父親が、周りの大人が、自身が気づかぬうちに彼に何をしたのか、そこが核になっているようで、知りたいけど目をそむけたくなるようなドラマなのです。
きっと観ている誰もが、どこかに、自分に置き換えて見てしまうのではないだろうか・・。

自分を責めるそれぞれの母親。
父親の立場。
重荷を背負ってしまった時の夫婦の絆。
世間の冷たい目。
家族を失った喪失感。晴れることのない悲しみ。
マスコミや警察に対する苛立ちや焦燥感。
加害者家族に対する遺族感情。
涙にくれる母親を目にする残った子供の感情。
・・・・
これら一つ一つがこのドラマではとても丁寧に描かれていて、しかも誰も責めていない優しさも見え隠れしていて、それがかえってリアルに思えて本当に泣けてくる。
誰か一人でも思いっきり悪役がいればこんなに楽な事はない。

サブタイトルの「海容」とは・・
海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと 。
誰が、誰を許すのか。
最終回まで心して見つめていきたいドラマです。

「アイシテル?海容?」公式HP
http://www.ntv.co.jp/aishiteru/index.html
 

--------------------

役者さんについてもひとこと言わせて??!

加害者少年役の嘉数一星くんが、すごーーい。
セリフがなくとも、雰囲気持っちゃってるのよねー。
目が印象的だし。
天地人の加藤清史郎くんといい、この頃子役が大活躍だー。
スポンサーサイト
 2009_05_20


Comments

 

ねこさん~こんにちは!

嘉数一星くんの成長を楽しみにしてるワタシです~
この子の目は~すごいっ!(ビョンホンもそうだったけど、目が印象的な役者に惹かれます!あ、福士くんもいい目してますよね^^)
「流星の絆」では、明るいタイ兄役でしたが~その時も目が印象的でした^^
そして、今回の小学生で犯人役・・・しかも心にいろんな傷を持っている・・・ん~難しい役をがんばってますよね!
あの演技力に、おばちゃん涙ですわよv-406

先週の「お母さん、おかえり!って言って・・・」には、ドキッとしました・・・
ついつい、PCとか夢中になると~あっという間に時間たってるし・・・
それからというもの~うちの息子ももうデカくなっちまってますが~「おかえり!」「いってらっしゃいっ!!」って、必要以上にハリキって言っちゃったりなんかして(笑)
もう息子たちもそんなにハリキって会話しないお年頃になっちまってるんで~今さらかも・・・でも、挨拶っていくつになっても大事ですよねぇ(^^;)

そんな、ちょっとしたことが大事なことだったりするんですよね~
今までもちょっとした子供のサインって・・・
見逃してること、いっぱいあるんだろうな~

ほんと、細かいところまでしっかり描かれているこのドラマ、智也くんがなぜ殺人を・・・というところもですが、加害者家族、被害者家族のその後の描き方も・・・そして、『子育て」や「アイシテル」ということ・・・いろいろ考えさせられるドラマですね。
今夜も楽しみです。

加藤清史郎くんもこども店長のCMもやってるし、大河2話出演で、これだけ売れっ子ってすごいですよねー
彼の成長もおばちゃんは、楽しみにしています^^
ロクマイ  URL   2009-05-20 17:04  

 

ロクマイさん、こんにちは~。
私も先週のPCに夢中になって子供のサインを逃す・・というところに目をそむけたくなりました。自分はどうだっただろう?やっぱりそれが一番の理由なのかもって。。思わず自分を振り返り、戒めたくなりました。
でもそのあとにね、田中美佐子さんが演じる家裁の捜査官が「たくさんの大人がすれ違ったのに、誰一人声をかけてくれなかったよね。」という言葉に、実はほんのちょっと救われました。
びしょ濡れの智也くんを見て見ぬふりする大人の姿に、世の中全体の無関心さにも問題があるんだなって、思ったのです。

今日は第6話。
また泣いてしまうんでしょうか?
私はこのドラマは子どもの前で堂々と泣いてみようかと思っています。せめて、母の気持ちを隠さずに出してみようかなと・・・。
先週息子はシクシク泣いている私を見て「そんなに泣いて・・どーするの?」と呆れて言ってました(笑)
「これは、世の中のお母さんのためのドラマなの。だからお母さんは見ると泣いちゃうのよ。」と返事しておきました(笑)

嘉数くんもそうだけど、加藤清史郎くんもまた、芸名みたいな素敵な名前だよね。
これも運命なのかしらん??すごいよね(笑)

そうそう!
大空真弓のおばあちゃんの姿には、めっちゃ驚きましたーv-12v-356
最初気付かなかったっす。
ねこ  URL   2009-05-20 17:46  

 

ねこさん、お久しぶりです。
このドラマは、観てませんでした。
1話から観れなくてとても残念です。
来週からは子供と一緒に観たいです。

私もPCに夢中になって、子供たちに構ってやれない時が、あります。
息子は中2だけど身長も140センチでまだまだ幼いので高校の娘が赤ちゃん扱いをします。今はまだ、なんでも話してくれるし、「おはよう」も「おやすみ」の挨拶も毎日してくれます。やっぱり息子は可愛いですよね。
くみ  URL   2009-05-21 12:29  

 

くみさん、こんにちは~。
昨日もやっぱり泣いてしまいました。
被害者の高校生の姉から「謝るくらいなら自分が死ねばいい」と言われ、憔悴し入院してしまった加害者母。
記事には書かなかったんだけど、加害者の母方の祖母にも毎回涙なんですよ。
藤田弓子さんがあの優しい声で傷ついて弱りはてた娘を励ますんです。
「かわいそう」とか「がんばって」ではなく、「悪い事をしたとちゃんと智也にわからせてあげなさい」って母親のすべき事を諭すんです。
こんなお母さんになりたいですね。

息子さんの挨拶、可愛らしいですね。
我が家はなんだかなーって感じです(^^;
今年は我が家のラストを飾る高校受験なので、気合い入れつつ力抜きつつ・・やってこーかなって。
ひと山越えたらそれがまた、親子の絆がより深まるきっかけにもなるかもしれませんね。

来週、見てみてくださいね。
ねこ  URL   2009-05-21 13:38  

 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。