スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「群青」

Category: 映画  

群青群青色の空が山と海を染める景色で始まり、同じ景色で終わる。それはきっと日が落ちた後の群青色と日が昇る前の群青なのだろう。この作品のテーマでもある「愛と再生」に結びつくのだと思う。

残念ながらホール試写会で受けた中途半端な感じが真っ暗な劇場でもそのまま感じられてしまった。かろうじて、ナレーションだけは劇場の方が深く耳に響いていたけど・・。
大好きな俳優がメインキャストとして出演している作品だから期待が大きすぎたのかもしれないが、観終わった後のやるせない感情が残念でたまらない。

沖縄の離島。
病気療養のためにやってきたピアニストの由紀子(田中美里)と海人(ウミンチュ)龍二(佐々木蔵之介)の間に生まれた涼子。
由紀子は幼い涼子を残してこの世を去ってしまい、男手ひとつで涼子を育てる龍二。
涼子(長澤まさみ)は幼馴染の大介(福士誠治)と一也(良知真次)といつも一緒だった。
いつしか、涼子と一也は恋におち、結婚の許しを受けようと龍二に話すが「一人前の海人でもないのにまだ早い」と反対されてしまう。
一也は一人前と認めてもらおうと、かつて龍二が由紀子にしたように、素潜りでサンゴを獲ってくると海に入ったが、そのまま帰らぬ人となってしまう。
現実を受け入れ難い涼子は精神を崩してしまうのだった。
涼子に恋心を抱いたまま島を離れていた大介は、涼子の力になりたいと一也の死から1年ぶりに島へ戻ってくる。。
見守る父親の龍二、恋心を隠したまま優しく接する大介。
二人は涼子に明るい光を見い出す事が出来るのだろうか・・・。

原作を読んで、私はまず大介のその見守る姿に涙が出るほど感動しました。
何故その感動や涙がこの映画にはないのだろうと、惜しくてたまらない。
命を賭けて涼子を生んだ母親由紀子の深い思いや、
それを許した龍二の苦しみや、
涼子たち3人の恋愛模様もさら?っとしか描かれず、観ているこちらは不完全燃焼。

それと・・ピアノの線(鍵?)を切ってしまうあの行為・・・
原作には多分なかったと思うのだけど、まるで由紀子を忘れてしまっているようで違和感がありました。

何よりも残念でたまらないのは、出演された皆さんがとても熱演されていたということ。
主演の長澤まさみさんも、表情演技をがんばっていたし、良知真次さんも歌のうまさを生かして印象的でした。
由紀子役の田中美里さんはとても美しくピアノを演奏(演技)されていて、素敵でした。
佐々木蔵之介さんはその存在感とウミンチュというワイルドな役柄でとっても魅力的。
福士くんも落ち着いた演技で見事に溶け込んでいました。
雨でずぶ濡れになりながら、涼子の肩をガシッと抱くシーンや、「そばにいてほしい」と涼子に言われ自分の気持ちをどうする事も出来ない歯がゆさの演技にはぐっときました。
なのに・・・なぜ不完全燃焼なの?

原作と映画は違うものとわかってはいるけれど、
やはり、一也の死を受けての涼子の描写が完璧に変わっている点が一番の問題なんじゃないかと、素人ながらも考えてしまう。
だって、この物語は涼子が一也恋しさに男性に走ってしまうという女性の悲しさやそれを目の当たりにする父親と大介の戸惑いが観せどころだし、観客も一番観たいところだと思うから。
なんだかな・・・

でも、福士くんには大満足。
福士くんが舞台に出れば舞台が一番よく似合うと思うし、
映画に出れば、やっぱり映画人だ!と、好き勝手に言ってるファン約1名
とにかく、素敵な姿&演技をファンは待っているってことなのだ?よ。

のだめの映画も、めちゃくちゃ期待
スポンサーサイト

 2009_06_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。