スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「今度は愛妻家」

Category: 映画  

今度は愛妻家こんなに静かに涙の出る映画は初めてかも。。
豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司の3人の演技のハーモニーが心地よく感じた作品。
薬師丸ひろ子の健気さ、トヨエツの自然な演技、石橋蓮司のオカマっぷり・・どれをとっても観ていて気持ち良いくらいに納得がいく。本当に良質な作品だ。

------------------------------------------
人気カメラマンだった北見(豊川悦司)と健康マニアな妻のさくら(薬師丸ひろ子)。
二人は10年目を迎える夫婦。
クリスマス直前に、さくらは子作りにと沖縄への旅行をおねだりしたが、旅先でも北見のさくらに対する態度は無関心極まりなく、夫婦として楽しい時間を送りたいさくらにとってはやるせない。
1年後、相変わらず写真も撮らずにぐうたらな生活をしている北見。相反して友人と箱根旅行に出かけようとせっせと準備するさくら。
些細なことから言い争いとなり、1年前の沖縄での不誠実な態度から日々我慢を重ねてきたさくらは、とうとう「離婚しよう」と北見に切り出してしまう。
旅行に出かけたまま帰って来ないさくら。
これ幸いにとオーディション用の写真を撮ってほしいと頼まれた女優の卵蘭子(水川あさみ)とイイ仲になろうと浮かれたり・・ご近所の美人店員(井川遥)を飲みに誘ってみたり・・でも…いつもどこかにさくらを感じ、どこか淋しさを感じる…。
「さくら・・。」
いなくなって初めてわかるその存在感。。。
さくらが帰ってきた!
でも彼女は言った、
「離婚記念に、写真撮ってよ」
北見は夢中でシャッターを押した。。。



人はいなくなって初めてその存在の大きさを知る。
よく聞いた話だ。
それを切々と心に感じさせてくれる作品だった。
今こうして感想を書きながらも、北見の瞳の奥に見える悲しみを思うと胸が痛くなる。

自分の隣には誰がいるだろう?
その手をしっかりと握っているだろうか?
離れて行ったのではなく、放してはいないか?
隣にいる人の温かみを改めて感じてみようと思った作品でした。

瞳だけでなく、トヨエツの背中も印象的でした。
背中からも想いがビンビン伝わってきて、ほんと、この人はすごい役者さんだなーなんてね。
130分の作品にしては登場人物がとても少ない。
主に5人しか出てこない。
トヨエツ、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳
特にトヨエツと石橋蓮司の掛け合いは最高!
演技の醍醐味を見せてもらったって感じ。
すごく感動する場面なんだけど、観ていて(変な言い方だけど)楽しかった。
それくらい、役者の演技がとても際立つ作品だったと思う。
役者で観る映画を決めるタイプの私は、大満足の一言。
たくさん泣いたんだけど、見応えがあって、観終わってなんだかとても楽しく感じられました。

薬師丸のひろ子ちゃんは可愛かった?。
健康のためにとトマトを食べさそうと北見にしつこく迫り、逆にそのトマトをほっぺに付けられ、仕方なく自分で食べるそのしぐさ…キュートです♪
仙人…もとい!石橋蓮司のオカマの文ちゃんも最高!
決してきれいじゃないけど、汚くもない。妙?に納得できるオカマです(笑)
この物語にはある仕掛け(?)というものがあり、それがわかるとまた感動が何倍にもなるのですが、それよりも、個人的にはオカマの文ちゃんの素性が明かされた時、あまりの衝撃で約5分はその雑念で頭の中はいっぱいになって物語に集中できなくなりました(笑)
いやいや・・すごいわ、文ちゃん。


実は、運良く初日舞台挨拶に行ってきました。
上映後、ステージにトヨエツはじめとする演者と行定監督が現れた時、やっと引いた涙がまた込み上げてきて…。
気づいたらたくさんの拍手が湧いていました。
拍手がなかなか鳴りやまないんですよ。
長い長い拍手。こんな経験、初めてです。
それくらい・・みんなが感動していた映画でした。
ステージに立つ役者さんたちも、それを感じたようでした。

舞台挨拶のトークを聞いていると作品に対する自信の程がうかがえます。
何百もの媒体から取材を受けたとのことですが、インタビュアーがみな興奮して質問してきたそうで、公私混同するくらい本当に人の心に染みる映画なんだなーと思いました。
薬師丸のひろ子ちゃんは、それに答えるのがとっても楽しかったそうです。
行定監督も、この映画を観て人それぞれに自分と重ね合わせて感じてもらえたらそれでこの作品は育っていくだろう・・みたいな話をされていて、この映画は観た人の数だけ残る映画なのかもしれませんね。

行定監督が、「この映画は2度見たら2度目はきっと違って見えると思います。だから2回観てみてください」とおっしゃっていました。
私もそう思います。
でも、2度目はもっともっと、号泣だろうな…。

「今度は愛妻家」公式サイト





ところで・・・

ミーハー的関知からひとこと言わせて?

トヨエツぅ???!
サングラスはずしてほしかったぜーーーぃ。

スポンサーサイト

 2010_01_18


Comments

はじめまして 

演劇ブログ村から初めてお邪魔いたします。

「今度は愛妻家」は舞台DVDで見ていて、大好きな作品なんです。
映画を観る気持ちが少々ダウンしてたんですが、
記事を読んで「やっぱり行こう!」と思いました。(^^)
saeko  URL   2010-01-19 23:01  

 

saekoさん、はじめまして~。

実は私は舞台を見ていません。
映画公開で初めて舞台の存在を知ったものですから、舞台の方が無性に観たくなっていました。
ご存知かもしれませんが、行定監督もこの舞台が大好きで、映画化を考えられたそうですね。
大好きな舞台が映画化となると、やっぱり複雑ですよねー。なんとなく・・saekoさんのお気持ちわかります。
でも、観てみても損はないかなって思います。逆に舞台はこうだった!なんて聞いてみたい感じです(^^;映画は映画の、舞台は舞台の良さが発見出来るかもしれませんね。
もし観に行かれたら感想を聞かせてくださいね。

saekoさんのおかげで舞台がDVDになっている事を知りました。
本当はこれを機会にどこかで再上演してくれないかな―なんて思っていたんですけど・・DVDで観ちゃおうかしら??

コメントありがとうございました。
ねこ  URL   2010-01-20 00:39  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。