スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「理由」

Category: 福士くん  

宮部みゆきの極上ミステリー。
うん、面白かった。
ミステリーとしても、一つの人間ドラマとしても。
原作を読んでいないので確かではないのだけど、主人公である老刑事の吉田や福士くんの部分というのはドラマ化されるにあたって追加された部分と聞きました。
個人的には、これらが追加されたことによって、ミステリーにより深みが増したような気がして良かったな・・と。
赤の他人同士が家族として一つの部屋で殺されるという不思議なお話。
真犯人や被害者がそこへ至るまでの過程というか気持ちが、より感情移入できたように思います。

追加された部分から見えてくるのは・・「家族」というキーワード。

家族であることを降りてしまった男(吉田)。
家族は一緒にいるものだと言う男(石田)。
家族を捨てた男(占有屋)。
家族の愛情を知らない男(裕二)。
その男と家族を作りたかった女(綾子)。
娘の罪を一緒に背負おうとする家族。

なぜ事件が起きたのか、その解決シーンを見ても、憎しみは不思議と湧かず悲しみだけでした。
劇中、聞き込みに行った先で「家族でも家族と思わなきゃ遠い存在」というセリフが出てきます。
これを聞いた時に、胸にズキンッ!ときました。
固いようでもろいのが家族なのか・・と、悲しい気持ちになりました。
でもね、最後の綾子と石田の供述を聞いて、それに応える吉田の言葉に救われました。
たとえどんなにもろくとも、家族を救えるのはやっぱり家族だけなのだと・・。。

私は家族ものに弱いので、結構涙腺にきました、このお話(;。;)


さて、福士くん。

吉田と福士くん演じる和也の初対面シーンにはドキドキしました。
印象に残ったのは名刺を渡すシーン。
あの朴訥とした雰囲気がとても不器用に見えて、そこからもう和也の人間性が見えた気がしました。
ただ、和也が前科者であるという設定とか、それに対する吉田の対応は・・少し違和感があったかな。
和也の前科をネガティブに捉える吉田。
彼は息子との約束を守らせるために逃走犯を捉えるタイミングを遅くするほどの情に厚い人だと思っていたけど・・やはり、娘に対する思いは違うのでしょうか。。
もちろん、父親の娘の相手に対する率直な感情(嫉妬心)もあるだろうけど・・警察官ってみんなそういうものなのだろうかとちょっと斜めから見てしまいまた。というか、それしか吉田を惑わす設定はなかったのだろうか?とも思った。

その後、娘との会話で、自分のせいで不自由な生活を強いられせてしまった負い目が大きく吉田を支配していることがわかって・・でもそれ以上に娘の前向きな姿に心を動かされた吉田。
ドラマラストで『物事には理由がある』としめくくりのナレーションがあるけど、その娘の前向きな姿を見た時に、和也と娘が出会う「理由」も見えたのかもしれません。

そして、あのどっかで見覚えのある自動車工場付近でのシーン。

まぁ・・ハンチョウオタクとしては~、一瞬、小池を探しましたが、いたのは青いつなぎに身をまとった和也でしたね。
吉田の近くで、張り込み中の結城が車の中でコラボパンでも食べてるんじゃないかと探しましたが、それもダメでした(当たり前だろー!)

この吉田&和也のシーン、良かったですねー。
好きだわーこのシーン。
胸が熱くなりました。
前にも何かの作品で言った気がするんだけど、福士くんって、演じていると自然とその人物の背景が浮かんでくるようで、スーーっと入ってくるんですよね。
家族のいない寂しさと、暗さと、誠実さと、結婚への決意がすごく伝わってきました。
そしてドラマに観入りながら、違う自分が「小池と全然違う!」と驚いていました。
一度言われて喝を入れられた「必ず幸せにします」の言葉。
もう一度言う気持ちが、とってもとっても伝わって感動。。
このシーンって、吉田はなかなか和也の事を見ようとしないんですよねー。和也は吉田の背を見ながら話します。そして最後の最後でやっと、吉田が振り返るんですよ。この構図が和也のひたむきさが出ていて、ほんと、いいです。
福士くんの演技を真正面(背中だけど、笑)で受け止めくださった吉田を演じる寺尾聰氏、良い表情ですー。
父親の感情が表情の一つ一つに出てて、ほんと、涙出ます。

そして、
驚くことに、またもや新郎姿の福士くん。
こっちの方に軍配かな。。
やはり、キャラがそうさせるのでしょうか??

主人公のサイドストーリーとして存在する福士くんの役だけど、充分な満足感を得られたのは、福士くんのその演技が「理由」だったりもする・・のかな(?)



スポンサーサイト

 2012_05_14


Comments

良かった理由 

こんばんはー。
きっとねこさま、思うところがありすぎて、思いを熟成されているのではと、「理由」の感想を楽しみにしていました!!!

原作も十分に「家族」のテーマが滲み出ているのに、原作にない福士くんのエピソードが本当に必要だったのか、見終わった直後には懐疑的でしたが、時間が経つにつれてドラマとしては厚みが出たかなあと思いました。
思考の流れとしてねこさまの書かれた通りだなあと、いつものごとく、ふむふむと一文一文噛みしめながら拝見いたしました!

寺尾さんと福士くんの場面は、本当に見応えありますね。ドラマのどの部分をとっても、よかったです。

あーハンチョウ始まっちゃった!
いつもブログ楽しく拝見しています。ハンチョウ6話の感想もまた拝見しにうかがいますー!
(PS:勇気出してみます!ありがとうございます!)
K  URL   2012-05-14 20:10  

こんばんは♪ 

そうなんですよね~☆(なにがそうなんだろう?笑)
小池ウザかわ熱情キャラ(笑)もいいけれど、私はこの和也のようなどちらかというと多くを語らず、でも表情や空気感で表現する役の方が好きかも(*^_^*)
うさみんでハマった私としては、あれほどの影はないにしても表情での演技がツボです☆
そして、整備工場での寺尾さんとのシーンは本当に見応えありました!
最後の和也の手を車いすに添えるシーンもグッと来ましたよ♪
原作にない役と分かった時に、ちょこっと出るだけの役だったら寂しいなって思っていたけれど、ふたを開けてみれば物語に深みを与える重要な役でしたよね(*^^)v

今日のハンチョウでの怪我は痛々しかったけど、包帯姿も似合ってるかも(^^ゞ
あの後走ってたけど、走ってもいいんかい!?って思わず突っ込んでしまいそうになりました(^_^;)
来週が待ち遠しい…
miumin  URL   2012-05-14 22:13  

Re: 良かった理由 

こんにちは。

> きっとねこさま、思うところがありすぎて、思いを熟成されているのでは・・

ちゃうちゃう、ただ忙しく時間が過ぎちゃってただけです(^^;
感想はほとんど書き殴りな状態ですよ(^^;

> 寺尾さんと福士くんの場面は、本当に見応えありますね。ドラマのどの部分をとっても、よかったです。

うんうん!福士くん、ほんと、良かったです。
いいドラマでしたねー。
ミステリーなのに、泣けちゃいましたよ。

> あーハンチョウ始まっちゃった!

あはは・・
ハンチョウも忙しさにかまけて遅くなるかもー(^^;

> (PS:勇気出してみます!ありがとうございます!)

おおi-184i-184やったね♪
ねこ  URL   2012-05-15 22:39  

Re: こんばんは♪ 

こんにちは。

> うさみんでハマった私としては、あれほどの影はないにしても表情での演技がツボです☆

あ~~~そうかもしれないですねー。
和也≠宇佐見
って感じですよ。
だとしても、同一人物が演じているようには見えないのがすごいですー。

> 最後の和也の手を車いすに添えるシーンもグッと来ましたよ♪

うんうん。わかるわかる。

> 今日のハンチョウでの怪我は痛々しかったけど、包帯姿も似合ってるかも(^^ゞ

あ、私も思った!(^^)
あとね・・
あ、ここで書いちゃうとネタがなくなるので、あとの感想はガマンしてとっておきます(笑)

ねこ  URL   2012-05-15 22:49  

見ましたぁ!! 

ねこさん、こんばんは♪
今日、遅ればせながら「理由」見ましたぁ("⌒∇⌒")
寺尾あきらさんも好きな私。
まさか福士くんと共演とは!!ダブルで嬉しい!!
ミステリー、最高でした!!
私も家族ものに弱いから、ウルッと来ちゃいました。
「必ず幸せにします!!」って、福士くん、私にも言って!!(爆)

家族ねぇ。ちょっと考えさせられました。
両親がもう亡くなって、今は三人家族な私。
愚痴は沢山あるけれど、大切にしなきゃ!!と、思いましたね。

ちょっと、結婚願望わきました(^-^;)
ミナ  URL   2012-05-17 22:44  

Re: 見ましたぁ!! 

ミナさん、こんにちは。

ミナさんは寺尾聰さんもお好きなんですねー。それは見ごたえがあるドラマでしたね☆
2人のシーン、本当に良かったですよね。
私も今日録画したのを観直したところです。

> 愚痴は沢山あるけれど、大切にしなきゃ!!と、思いましたね。

私はきっと愚痴られている方だと思うけど、家族の大切さを年々感じるこの頃です。

> ちょっと、結婚願望わきました(^-^;)

それはこのドラマの制作者から言わせれば嬉しい言葉なんじゃないかしら~。
家族を作るのも、またいいものです。
ねこ  URL   2012-05-17 23:54  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。