スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「バッケンレコードを超えて」


NCM_0857.jpg約1年前、このドラマの出演情報が出てからずっと待ってたこの日。
もう始まる前から感情移入。
優しい音楽と共に流れたドラマの説明テロップ。
プロローグから胸が詰まって涙出そうだった。
正直、このお話を1時間15分で表現なんて無理って思ってた。
実際、ケガをして日常生活に戻るまでがやや駆け足でそれが少し気になったけど、でもでもでも、あの記憶を取り戻すシーン以降はそんな心配も忘れるほど、涙涙で引き込まれた。

あの大倉山ジャンプ競技場で記憶を取り戻すシーン、本当に感動的だったな。
ジャンプ台をおぼろげに見つめ、クローチングスタイルをとる浩輔。
その流れが劇的でないところに、逆に静かな感動を受ける。
そして、「はるか」と名前を呼ぶそれが、あまりにも自然で、その福士くんの演技にも感動で涙が出た。

とっても感動したシーンの一つに、彼女のブログを知るシーンがあります。
浩輔に力を与えた感動と同時に、モデルとなったご本人がブログを通じて奥様を励ましていた姿に繋がって、再び涙。
身体の復帰はまだだったとしても、心の復帰ができたこのシーンは、強いメッセージが表面的になくても、説得力があるように思えました。

そして、夏。

心身ともに復活した浩輔。
飛ぶ前の深呼吸。
ゴーグルの奥に見える瞳の力強さから、決意と恐怖がひしひしと伝わって、
TVの前の自分も、ジャンプを見守るはるか同様ドキドキし、
ジャンプ成功にうれし涙を流した。
浩輔の喜ぶ姿も良かったよなー。
本当に感動的。

そして、はるかの発病。
病名を変えたのはきっと何かの思いがあっての事なのでしょう。

お互いを思いすぎて離れる2人。

ここで二人をつなぐ役割をしたのが、あのアイヌのお守り。
倒れたはるかの枕元で、お守りをダウンポケットに入れて、グッと念じるようにダウンを抱き締め頬を寄せる。
数多い福士くんの素敵なショットの中で、これはきっと、福士ファンのベストショットでしょう。

そして、競技前のラストシーン。
「俺も、会いたかった」
もぉ、名シーン。
なんなんでしょう、あの表情は。
セリフに、表情に、泣けて泣けて仕方ありませんでした。
「一緒なら、きっとなんとかなる」
二人のその後の4年間が見えるようでした。

浩輔のラストジャンプ。
きっと、彼は先輩(大泉洋)が言っていたように、一本でもいいジャンプをして終わらせようと、心に決めていたに違いない。
そこへ、はるかとあのお守りが浩輔の前に現れた。
きっときっと、大きな羽根をもらったことでしょう。
当時の映像が流れた時は涙が止まらなかった。
違和感なくつながったフィクションのドラマと当時の映像。
もしかしたら、このドラマを作る時の目標だったのかもしれない。
冬と夏と季節を分けて撮影して、福士くんの姿が痩せたり太ったりと、ちょっとアレだったけど、もうそんなことはどーでもいい。

優しいドラマに出会えてよかった。

ああ・・書きたいことの半分も書けてない気がする。
それくらい、思いがたくさんのドラマでした。

----------

当時、撮影後の現地の新聞で、「凍傷になるかと思った」と言うほど寒さとの戦いがあった極寒ロケ。
でも、そんなこと全然みえなかったな。
まぁ、確かに、耳や鼻の先が赤くなってて、寒いんだろうなとは思っていました。
本当にお疲れ様です。

全体的に冬のシーンが多かったこのドラマ。
ふっくらとした福士くんが雪の白さに似合って、ファンとしてビジュアル的にも至福の時間だった。
そして、何よりも、内側から出てくる福士くんの丁寧な演技に心の底から感動。
ああ・・こういうドラマをまた見てみたいな。。
聞けば、「風のガーデン」の助監督さんの初メガホンだそうで・・。
心に沁みる演出と、自然が一体になった映像に、
ああ、なるほどと思いました。


スポンサーサイト

 2013_01_28


Comments

 

良かったですね~(*^_^*)
短い時間なりに伝えたいことがしっかり描かれていた気がします。セリフが少ない福士くんの演技、やっぱり好きかも♪
ハンチョウ5の明るい小池や怪盗ロワイヤルの大雅も、そしてもちろんロックな詩音も大好きなんだけど、私は福士くんの内側から出てくる人間性…みたいな演技が観たいんだわぁと再認識したドラマでした。
そして、とても美しい2人でした☆☆☆ビジュアル的にも本当に満足(笑)
あ~でも1年間首を長くして待ち続けて、終わっちゃったら何となく寂しい気も…(汗)ゼイタクですね(^_^;)

ハンチョウもいよいよ来週は小池の回!あの派手な衣装はなんなんだ?(笑)
miumin  URL   2013-01-28 22:17  

miuminさま~ 

こんにちは。
もう、あれから何度か観てるけど、どうしても泣いちゃう。
ラストは本当に泣けて泣けて仕方ない。
良い演技してましたよね、福士くん。
あんな感じのドラマに出てる福士くん、観てみたいですよね。

そうそう、ハンチョウのあの衣装。
楽しみだわーv-238
ちょっとドキドキハラハラだけど(^^;

いつもコメントありがとうございます~~。
ねこ  URL   2013-01-31 12:01  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013-01-31 22:30  

 

こんばんは!
1年待った『バッケン』。終わってしまいました。覚悟して観ました。せめて2時間ドラマにして欲しい!と思うくらい、駆け足感がありましたが、大事なところはしっかり残ったドラマでした。
私も福士くん演じる浩輔が記憶を取り戻す大倉山でのシーンがすごく好きです。湖畔に佇む感謝の気持ちをいう場面も素敵でした。浩輔を想うあまりに離れる決心をするはるかの、「私の役目は終わったんです」と言う台詞に、陣内さん演じるお義父さんが絶句するシーン、結末はハッピーエンドでないので余計に切なくなりました。最後のリフトに乗るまえの2人の再会場面もとっても良かった。「小池・結城」コンビとはまったく違う台詞回しでしたね!あと、実際にジャンプされたジャンパーの方、体格が福士くんにほとんどそっくりでしたが、福士くん本人ではないですよね?まさか本人?
最後の金子夫妻の実際の写真も、ノンフィクションならではの、ぐっと胸に迫るものが、たまりませんでした。とっても余韻のあるエンディングでしたね。
オンエアの終わった瞬間に福士くんがアップしてくれたブログでも「言葉にするのは控える・・・」と言った気持ち、なんだか判る気がします。それぞれに考えるべきなんですよね。
最近の福士くんは、本当にいいドラマに出ていますね。また心に残るドラマ、楽しみにしています。
中井貴一さんとの共演なんて、すごく楽しみだなー。
このドラマのなんだか透明感のあるきれいな風景は、「風のガーデン」の助監督さんだったからなんですねー!ねこさま、いいこと教えてくださって有難うございました!
K  URL   2013-02-01 21:11  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013-02-03 22:36  

Re: バッケンレコードを超えて 再回想 

非コメさま~、お返事が遅くなってしまって本当にすみません。
こんな状態でよければ、これからもいつでもコメントお願いいたします。

福士くんは、突出したキャラを演じるのも得意の一つだけど、こういう抑えた演技もまた魅力的ですよねー。
見てるこちら側にす~っと飛び込んでくるような感覚。
端正なマスクと相まって、目が離せなくなります。

大泉さんとのシーン。同感です。
私もあのシーンがあるからこそ、前向きな引退に繋がるんだと思いました。
福士くんに目が行って気付かなかったんだけど、大泉さん、結構面白い演技してるんですよね(笑)

リフトのシーンを、非コメさんから言われて見直してみたのですが、ほんと、何かきっと意味があるのかもしれませんね。
私はただ単に、はるかを見たのかと思ったのですが、考えてみたら・・違うかもしれません。
夏のジャンプシーンは本当に、惚れ惚れするほど素敵ですe-415
ねこ  URL   2013-02-08 01:58  

Kさん~ 

こんにちは。
お返事が遅くなってしまってすみません。

バッケン、眠る時に落ち着きたくてバッケンを流しながら寝るときあります。
すでに癒しのドラマになっています。

ドキュメンタリーもドラマの脚本監督をされた方のようで、どの作品も、2人に対する温かな愛情が見えますよね。だからいいんですね。
エンディングのドキュメント映像は本当に泣けました(;。;)
私も中井貴一さんとの共演、観たいなー。

つつみんにお願いしたら叶うかなぁ??(笑)
ねこ  URL   2013-02-08 02:04  

非コメさま~ 

こんにちは。

私は一度もコメントしたことはありませんよ。
なかなかできませんねー。
ご本人が悲しみの報告をしてくれたあの時、書こうかとても迷ったけど、結果やめました。
なかなか難しいっすよね。

非コメさま、試験頑張ってくださいね。
・・と、簡単に言ってますが、きっと大変だと思います。
応援していますよ~。

あ、味噌。
今度レシピ乗せますわー。
ねこ  URL   2013-02-08 02:15  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ねこ

Author:ねこ
お昼寝好き^^

★ねこのつぶやき★

観劇

目標!月1回観劇☆

観劇予定~
■11月/『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝劇/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@KAAT/『ヘッズアップ』@KAAT
■10月/ヨーロッパ企画『遊星ブンボーグの接近』@本多劇場/スーパー歌舞伎『ワンピース』@新橋演舞場/『くちづけ』@池袋サンシャイン劇場
■9月/TEAM NACS『悪童』@ライブビュ-イング/『RENT』@シアタークリエ/イキウメ『語る室』@東京芸術劇場
■8月/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター/『トロイラスとクレシダ』@滋賀芸術劇場びわ湖ホール/劇団☆新感線『五右衛門VS轟天』@赤坂ACTシアター

2015年
■7月/マクベス@PARCO劇場/『トロイラスとクレシダ』@世田谷パブリックシアター
■6月/『ラヴ・レターズ』@PARCO劇場/劇団鹿殺し『彼女の起源』@CBGKシブゲキ/東海道四谷怪談@新国立劇場中劇場/BluePrint『鬼ヶ島』/大人計画『不倫探偵』@本多劇場
■5月/電動夏子安置システム『モナークス、王を縛る』@駅前劇場/『シャーロックホームズ2』@東京芸術劇場/イキウメ『聖地Ⅹ』@シアタートラム/『夜想曲集』@銀河劇場/『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』@駅前劇場
■4月/『デスノート』@日生劇場
■3月/『BAMBI TIME-バンビタイム-』@ザ・ポケット/『地下室の手記』@赤坂レッドシアター
■2月/『いやおうなしに』@PARCO劇場/『狂人なおもて往生をとぐ』@東京芸術劇場 ■1月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場

2014年
■12月/演劇ユニット乱『365000の空に浮かぶ月』@本多劇場/大人計画『キレイ』@シアターコクーン/イキウメ『新しい祝日』@東京芸術劇場/muro式8@紀伊国屋ホール
■11月/月影番外地その4『つんざき行路、されるがまま』@スズナリ
■10月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@神奈川芸術劇場
■8月/ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』@本多劇場/大人の新感線『ラストフラワーズ』@赤坂ACTシアター
■7月/『抜け目のない未亡人』@新国立劇場/『鎌塚氏、振り下ろす』@本多劇場
■6月/BluePrint『Monkey Magic』@シアターグリーン/イキウメ『関数ドミノ』@シアタートラム
■5月/『ロンサム・ウエスト』@新国立劇場
■4月/張ち切れパンダ『じじいに幸あれ!』@「劇」小劇場/劇団☆新感線『蒼の乱』@東急シアターオーブ
■3月/諏訪ミュージカル企画『夢! 鴨川歌合戦』@駅前劇場/キャラメルボックス『ヒトミ』@サンシャイン劇場/スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』@新橋演舞場
■2月/真田十勇士@梅田芸術劇場
■1月/真田十勇士@青山劇場

2013年
■12月/高校中パニック!小激突@PARCO劇場
■10月/ロストインヨンカーズ@PARCO劇場/
■9月/ハイバイ『月光のつゝしみ』@神奈川芸術劇場/ヨーロッパ企画『建てましにつぐ建てましポルカ』@本多劇場/葛河思潮社『冒した者』@神奈川芸術劇場
■8月/muro式.7『「∴」-ユエニ- 』@シアタートラム/『春琴』@世田谷パブリックシアター
■7月/TRASHMASTERS『極東の地・西の果て』@本多劇場/『ドレッサー』@世田谷パブリックシアター
■6月/『断色』@青山円形劇場/BluePrint『DORON!』@SPACE107/@イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』@シアタートラム
■5月/ハイバイ『て』@東京芸術劇場シアターイースト/『バブー・オブ・ザ・ベイビー』@本多劇場/酒とつまみ『もうひとり』@OFFOFFシアター
■4月/シスカンパニー『今ひとたびの修羅』@新国立・中劇場
■3月/ジェネレーションギャップ『アトノマツリ』@シアターサンモール/ヨーロッパ企画『前田建設ファンタジー営業部』@イマジン・スタジオ
■2月/『デキルカギリ』@本多劇場
■1月/劇団☆新感線『五右衛門ロックⅢ』@東急シアターオーブ

2012年
■12月/BluePrint『死神パレード』@アドリブ小劇場/ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
■11月/『RENT』@シアタークリエ/『こどもの一生』@PARCO劇場
■10月/東京セレソンデラックス最終公演『笑う巨塔』@池袋サンシャイン劇場
■9月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場/『サイケデリック・ペイン』@森ノ宮ピロティホール
■8月/『サイケデリック・ペイン』@池袋サンシャイン劇場
■7月/muro式.6『グラフ』@ザ・スズナリ
■6月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/BluePrint『アグレソの石』@SPACE107
■5月/劇団☆新感線『シレンとラギ』@青山劇場/『シダの群れ』@シアターコクーン/朗読劇『私の頭の中の消しゴム』@天王洲銀河劇場
■4月/ジェネレーションギャップ『思い出すのはマリの事』@シアターグリーンBASE THEATER
■3月観劇なし
■2月/『パレード』@シアタードラマシティ/モダンスイマーズ『ロマンサー』@シアタートラム
■1月/『パレード』@天王洲銀河劇場

2011年
■12月/『アイドルかくの如し』@本多劇場
■11月/muro式.5『+』タス@シアターグリーンBIG TREE THEATER
■10月/花組芝居『聖ひばり御殿』@銀座博品館劇場
■9月/ヨーロッパ企画『ロベルトの操縦』@本多劇場/東宝セレソンデラックス『わらいのまち』@シアタークリエ
■8月/『奥様お尻をどうぞ』@本多劇場/『奇ッ怪-其の弐』@世田谷パブリックシアター
■7月/東京セレソンデラックス『傷-KIZU-』@シアターサンモール/『ベッジ・パードン』@世田谷パブリックシアター
■6月/劇団K助『ゴッドストーリー』@恵比寿エコー劇場
■5月観劇なし
■4月/『芝浦ブラウザー』@東京グローブ座
■3月観劇なし
■2月/『テンペスト』@赤坂ACTシアター
■1月観劇なし

2010年
■12月/『黴菌』@シアターコクーン/『RENT』@中日劇場/劇団K助『ゼロイチ』@恵比寿エコー劇場/大人計画『母を逃がす』@本多劇場
■11月/『RENT』@兵庫県立芸術センター
■10月/『RENT』@シアタークリエ
■9月/観劇なし
■8月/第8回亀治郎の会@京都春秋座/第8回亀治郎の会@国立劇場/ヨーロッパ企画『サーフィンUSB』@本多劇場
■7月/東京セレソンデラックス『くちづけ』@シアターサンモール
■6月/劇団K助『PINK』@恵比寿エコー劇場
■5月/KAKUTA『めぐるめく』@シアタートラム

にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。